プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワイルド・ブリット」

ワイルド・ブリット

「喋血街頭」
1990年 香港
監督: 呉宇森(ジョン・ウー)
出演: 梁朝偉(トニー・レオン)
張學友(ジャッキー・チュン)
李子雄(ウェイス・リー)
任達華(サイモン・ヤム)

<あらすじ>
社会不安から来る暴動の頻発で暗雲たれこめる67年の香港。共にスラム街に生まれ育ち固い絆で結ばれたベン(トニー・レオン)、フランク(ジャッキー・チョン)、ポール(ウェイス・リー)の三人組は、ベンの結婚式の夜、ベンとフランクがチンピラといさかい、相手を殺してしまったことから警察に追われる身となり、一路ベトナム戦争末期のサイゴンへ--。(goo映画より)
「ベルベット・レイン」特集ラストの作品はこちら。
といいながらも実はトニーさんが出ていたから観たこの作品(^^;)学友さんはこの映画の感じの方がしっくりきますね。ではでは感想を(ネタバレあり)

さあ、ジョン・ウー監督の映画ってことはどんなアクションが出てくるかな?と気合を入れて観はじめたんですが、冒頭でいきなりトニーさんがタンゴを踊りだすシーンに拍子抜けしました(^^)いや、トニーさんはいいんです、ラブリーで素敵です~。
この映画の背景はいつの時代のものなんでしょう。歴史にうとい私はこの時代背景についていくのに時間がかかってしまいました。
3人の男たちの熱い友情、このあたりはジョン・ウーらしくロマンチックに描かれてますね。フランクが、襲われて頭から血を流していても、何もなかったかのようにベンの結婚式に現れ、ベンを祝うフランクは痛々しいものがありました。

そしていきなり場面は180度変わります(^^)フランクが襲われた仕返しに行き、誤って相手を殺してしまったベンとフランクは香港から逃げるためポールと共にベトナムへと渡るのですが、現地では戦争が起きていて香港で人を殺してしまって逃げてきたこととか、もうどうでもよくなってきます。もうそれどころじゃなくて、自分の命にかかわってくることがおこりはじめます。
あんなショッキングなシーンは初めてでした。それを演じるトニーさんと学友さんはすごいです。またまた今回もトニーさんの“目”にやられましたね。とてもつらく悲しいシーンでもありました。

そう、この映画にもサイモン・ヤムさんが出てましたね。ワイルドな感じのヒゲが渋くていいです。彼の役どころが始めはわからなかったんですが、どうやら味方のようで安心しました。

金に執着しすぎて友であるフランクまでも撃ってしまうポール。それを演じるウェイス・リーは、見ていて憎たらしくなるほどはまってましたね。彼はいろんな作品に出てる俳優さんなんですね。後から知りました。

ポールに撃たれたことにより、頭に弾が残ってしまい、狂気と化していくフランクを演じる学友さんがとてもリアルで見ていてつらいものがありました。そのフランクを見たときのトニーさんの悲壮感漂う演技も見ものでした。そして衝撃のシーン。とてもつらく息が詰まりました。

ラストシーンもすごいです。すごいばっかり言ってますが(^^;)金を独り占めし香港でマフィアとしてのし上がったポールにベンがフランクの復讐をしに行きます。友として分かち合った二人が最後には殺し合いをする。港のシーンで過去の自分たちとオーバーラップしていくところに、ジーンときてしまいました。

とにかくこれでもかってなぐらいろんなものを盛り込んでいて、アクションも銃撃戦あり、カーチェイスあり、爆発もバンバンおこってました。このへんはさすがジョン・ウー監督ですね。ちょっとやりすぎな気もしましたけど。
スポンサーサイト

<< 「BE MY BOY」 | ホーム | 「フルタイム・キラー」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。