プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イエスタデイ、ワンスモア」

イエスタデイ、ワンスモア「龍鳳鬥」
2004年 香港
監督: 杜峰(ジョニー・トー)
出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)
鄭秀文(サミー・チェン)
胡燕[女尼](ジェニー・フー)
呉嘉龍(カール・ン)
林家棟(ラム・カートン)
許紹雄(ホイ・シウホン)

<あらすじ>
誰もが羨む優雅な暮らしを送るトウ夫妻。しかしその実態は高級品専門の泥棒夫婦だった。ところがある日、トウ夫人は夫から理由も告げられぬまま離婚を宣告されてしまうのだった。それから2年が過ぎ、彼女は資産家の一人息子スティーブからプロポーズを受ける。彼の母親が所有する宝石目当てで結婚を承諾した彼女だったが、プレゼントされる直前に問題の宝石が盗難に遭ってしまう。元夫の仕業と確信した彼女は、宝石を追って彼のもとへと向かうのだが…。(allcinema解説より)
はい(^^)ジョニー・トー関連作品2本目。こちらは日本公開では最新作ですね。
私の住んでいる近くのミニシアター系の映画館で上映が決まったのでさっそく観に行ってきました。

この映画を観るまでは↑この写真を観て、純粋なラブストーリーなんだろうか?と勝手に思い違いをしていました。またまた予備知識を入れなさすぎた私(^^;)
しかも映画館に来て初めてこの作品の監督がジョニー・トーであることを知りました。つい先日、「鎗火」を観たばかり。まさかジョニー・トー監督が純粋な恋愛映画を撮るはずもなく(←偏見?)

オープニングからヨーロッパ風のお洒落な音楽をバックにアンディとサミーの写真が次々と映し出される。なんともレトロな感じが良いです。
これから何が起こるのかわからないワクワク感が漂ってます。
冒頭からなんだかカップル風のアンディとサミー、港で玩具のボートを操り、中から出てきたのは大量の大粒のダイヤ。テレビではどこかの宝石店からダイヤが盗まれるという報道が流れる。もしかして二人は泥棒?しかも夫婦だっていうし。
と、思ったのもつかの間、アンディの口から「別れよう」の言葉。
そしていきなり2年後。
はじめは場面展開の早さにとまどってしまって、なかなかこの世界に入り込めませんでした。
が、二人がプロ級の泥棒(そんな泥棒があるのかわからないけど^^;)であっという間に宝石を盗んでしまうところや、それぞれの駆け引きにスリルがあってゾクゾクしました!どんなに悪いことをやってても、かっこいいアンディとサミーだから許せてしまうというか、二人ともすっごく素敵なんです。
こんな風に恋の駆け引き?大人の男と女の遊びのような感覚がすごく面白いです。
そして衝撃のラスト――。
一時はどうなるのかと思ったんですが、このラストで物語の全てが結びつきました。私はイマイチおつむが弱いので、全てのストーリーをちゃんと理解できたかどうか心配なんですけど、とにかくこのラストに救われた気がしました。
観終わった後の爽快感!!や~ジョニー・トーはすごいです。スリリングでとっても面白かったです。
ただこの映画を観て思ったこと。これってきっと男性の立場ならかっこいい!って思うんだろうけど女性の私としては、そうなのね~と複雑な気分でもありました。
いや、でも良かったです。

そう、この映画でやっと気になってた俳優さんの名前がわかりました。誰って?それは林家棟(ラム・カートン)。そんなの知ってるよ~って言わないでくださーい。「インファナル・アフェア」「ダンス・オブドリーム」と、ん?この人誰だろう、ちょっといいな、って思ってました。そして今回、保険屋のお兄さんを熱演してます。しかもワイルドなお髭で。うん、なかなかマル(←なんのこっちゃ)
スポンサーサイト

<< 「電脳警察 CYBER SPY」 | ホーム | 「ザ・ミッション 非情の掟」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。