プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小さな中国のお針子」

小さな中国のお針子

「BALZAC ET LA PETITE TAILLEUSE CHINOISE」
2002年 フランス
監督: 監督: ダイ・シージエ
出演: 周迅(ジョウ・シュン)
陳坤(チェン・クン)
劉[火華](リィウ・イエ)

<あらすじ>
1971年、文革の嵐が吹き荒れる中国。青年マーとルオは医者を親に持つことから、反革命分子の子として再教育のために奥深い山村へ送り込まれた。彼らはそこで過酷な肉体労働を強いられる。ある日2人は、美しい少女、お針子に出会う。ルオはお針子に一目惚れした。彼らは、同じ再教育で来ている若者が禁書である西洋の本を大量に隠し持っていることを知り、それを盗み出す。そして、文盲のお針子に毎夜西洋の文学を読み聞かせてあげるのだった。許されない秘密を共有することで結びつきを強める3人。そして、お針子は西洋文学が語る自由に次第に目覚めていく…。(allcinema解説より)

私が応援するイエ君の出演作。この映画ってフランス映画だったんですね。今の今まで知りませんでした。どうやらこの監督さんはフランスに在住する中国人で撮影は中国で行なったようです。

舞台は文化革命時代の中国、やっぱり中国の歴史的な話は難しいですねぇ。ついていくのがやっとでした。ただ外国の本を読むことを禁じられていながらも、隠れて本を読みふけり、見知らぬ世界に魅了されていく感覚はわかるような気がしました。
イエ君はバイオリンを弾く青年の役を演じています。なかなかバイオリンを弾く姿がさまになってます。そして若~い。でもこのころからもういい演技してます。
チェン・クンがけっこう前に出る感じのキャラに対しイエ君は控えめで良いです。
病院のシーンでは自然に涙がこぼれてしまうほど、あんなに感情をこめて演技ができるなんてすごいなって思いました。やっぱり目がいいですね~。
お針子を演じるジョウ・シュンは武峡ドラマ「射英雄伝」の印象が強くて、しかも声が日本語吹替えだったんであんなに声がハスキーだったとは意外でしたね。字幕でドラマを見てたらかなり印象が違ったかも。顔はとても幼い感じなのに、ときどきすごく憂いを見せる感じが色っぽくておどろきました。

ストーリーは、やっぱりこの時代に生きていないせいか、なかなか感情移入して観ることはできませんでした。いきなり話が飛んで20年ぐらい先に進んだときは、あまりにも突然すぎて、わけがわからなくなったのは私が無知なのだろうか。
とにかく二人の青年がお針子と過ごしたあの時間が彼らにとってはかけがえのない思い出で青春だったということなのかな。
うん、でもまあイエ君の演技が良かったからいいとしよう。(←おいっ)
スポンサーサイト

<< 「水滸伝 男たちの挽歌」 | ホーム | 「kitchen キッチン」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。