プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「kitchen キッチン」

キッチン

「我愛厨房」
1997年 香港
監督: 嚴浩(イム・ホー)
出演: 富田靖子
陳小春(チャン・シウチョン)
莫文蔚(カレン・モク)
羅家英(ロー・カーイン)

<あらすじ>
最愛の祖母を亡くし、天涯孤独の身となったアギーは、祖母の葬儀でルイと出会う。その後、ルイはアギーを訪ねるようになり、ルイの母親を含めた3人の共同生活が始まる。(amazonレビューより)

今回この映画を観終わるまで、この作品が吉本ばななの「キッチン」であることにまったく気が付きませんでした。
原作の方は読んだことがないんですが、日本版の「キッチン」は観たことがあります。主役の川原亜矢子さんがこの映画のふわふわした雰囲気にとても合っていて、けっこう良かったのを覚えています。ただ、ずいぶん昔(たぶん10年以上前)に観たんで、この「キッチン」とまったくつながっていませんでした。後から考えてみたらそういえばシナリオが似てるなって、まさかあの「キッチン」だったとは思ってもみなかったです。でもある意味、偏見なく一作品として観れたから良かったかも。

この映画の独特の雰囲気や富田靖子のつかみどころのない感じが、なんだか夢を見ているみたいで不思議な感覚になりました。
小春くんのいい加減なようでいて実は繊細だったりする青年も良いですねぇ。
富田靖子は演技に作った感じがなく自然で、なんだか年齢を感じさせないというか、子供のようでいて大人びていてふわふわとした感じが良かったです。
ただ吹替えの声が高くてちょっと気になっちゃいました。でも富田靖子の口の動きを観る限りではちゃんと広東語で台詞を言っているようですね。でも香港人の設定でカタコトの広東語じゃあ無理があるか。
この映画の中で一番良かったのはやっぱロー・カーインじゃないでしょうか。バーのママの役で思いっきり女性してます。彼(彼女?)の存在がこの映画の中ではいいスパイスになってます。残した手紙もとても切なくて泣けます。
ママが亡くなった後、ショックのあまり姿を消してしまう小春くんのどうしようもない気持ちが伝わってきて、アギーと同じように身近な人を亡くしてしまった辛さを目の当たりにしたルイの心が痛々しかった。
そんなルイを無理やり連れて行くわけでもなく、ひたすら待つアギーもけなげで良かった。
そう、カレン・モクがまたまたすごいインパクトを残してましたね。特にお尻がボーンって感じで印象的でした。
作品としては嫌いじゃなかったです。水の中にいるときの透明な感じや、まわりの演出がとても雰囲気を出していて良かったと思います。
スポンサーサイト

<< 「小さな中国のお針子」 | ホーム | 「PROMISE」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。