プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「センチュリー・オブ・ザ・ドラゴン」

センチュリー・オブ・ザ・ドラゴン

「龍在邊縁」
1999年 香港
監督: 霍耀良(クラレンス・フォク)
出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)
古天樂(ルイス・クー)
譚耀文(パトリック・タム)
黄秋生(アンソニー・ウォン)
關秀媚(スーキ・クワン)

<あらすじ>
潜入捜査で香港マフィアのボス、フェイ・ロンに取り入った警官シンは、彼を逮捕する機会を窺いながらも彼自身の魅力に惹かれ始めていた。そんな中、フェイ・ロンの周りに不吉な事件が起き始める…。(amazonレビューより)

この映画は香港映画にハマり始めたころCSで放送され、レスリーやトニーさんの作品以外で初めて観た香港映画だったと思います。アンディさんを初めて認識した作品でもありました。
この映画のもう一人の主役、ルイス・クーも初めて見た役者さんでした。このときは実年齢よりかなり年上に見えて、渋くてカッコいいなぁって思ってました。
で、今回、再見してみてさらにカッコよさが増しました!二人ともなんて素敵なんだ~。
最近、ルイス・クーも気になっている役者さんの一人でして、そういえばこの映画は彼の出演作だったなと。さらにアンディさんが主役だし。なかなか掘り出し物では?(私にとっては^^)と再認識。
この映画は潜入捜査官の話ではありますが、「インファ」シリーズよりは黒社会を重点においてます。
またその世界が渋くてカッコよくて最近、アンディさんも私の中ではかなり一押しになってきてるんでこの作品はかなりツボにはまりました~。

で、意外とこの作品キャスティングが豪華。黒社会ものなら必ず出てる役者さんがぞろりと出演されてます。名前が出ないんですけど、ホントよく出られてる方がたくさんいますよね。本物の黒社会よりそれっぽかったりして。
悪役のパトリック・タムは、ルイスとは逆にすごく若く見えました。でも実はルイスより年上だったんですね~おどろき。なかなかや~な感じの悪役を演じてましたね。
アンソニー・ウォンはちょっとかわいそうな役でしたが。

えっと映画の感想ですが(^^)とにかくこの雰囲気、大好きです。ちょっと古風な感じのするヤクザもので渋くて。
ヤクザの中に潜入する刑事の心理描写もすごくリアルにつたわってきて、警察でありながら、黒社会に長くいたせいで自分のボスを裏切ることができずに苦しむ。
アンディさんの堅気になっても黒社会の世界からは離れることができずに、どうしても係わり合いを持たなきゃいけない辛さが伝わってきます。
特に好きなシーンが二人が本気になってスパーリングするところ。男と男のぶつかり合いというか、たまりません。
終わった後にタバコを吸いながら中を仰ぐアンディさんの背中から映すシーンにはシビレます。
あと、アンディさんの奥様役で出ていたスーキ・クワンさんでしょうか?彼女がとてもかっこいいです。あねさん的な感じがとてもいい。
私的にはかなり好みな映画でした~。
スポンサーサイト

<< 「戦神 ムーン・ウォーリアーズ」 | ホーム | 「つきせぬ想い」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。