プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブレイキング・ニュース」

大事件「大事件」
2004年 香港
監督: 杜峰(ジョニー・トー)
出演: 陳慧琳(ケリー・チャン)
任賢齊(リッチー・レン)
張家輝(ニック・チョン)
許紹雄(ホイ・シウホン)
林雪(ラム・シュー)
尤勇(ユウ・ヨン)
邵美(マギー・シュー)
任達華(サイモン・ヤム)

<あらすじ>
ある朝、香港の市街地で銀行強盗団と警察との壮絶な銃撃戦が発生。しかし激しい攻防の末に、CID(重犯罪特捜班)のチョン警部補は、ユアン率いる犯人グループを捕り逃してしまう。しかも偶然現場に居合わせたTV局のカメラによってその一部始終が報道されてしまう。警察への非難が高まる中、新任指揮官レベッカは失地回復のためメディアを逆利用する戦略に打って出る。それは、PTU(機動部隊)にワイヤレス・カメラを装備し、犯人逮捕の瞬間をTV中継するというものだった。一方、チョンたちに追い詰められた犯人グループはアパートの住人を人質にとって篭城を始めるのだが…。(allcinema解説より)

ジョニー・トー最新作(日本公開分では)ということで楽しみにしていたこの作品。私の住んでいるところでも、ようやく上映が決まったので観に行ってきました。
なんと、今回はうちの旦那さまが付き合ってくれまして、二人でレイトショーを楽しんできました

冒頭から緊張感が漂う中、始まりましたね~銃撃戦が。さすがはジョニー・トー、これでもかってなぐらい長い銃撃戦ですごい迫力です。このシーンは7分間ずっとカメラを回しっぱなしで撮っていたことを後から知りました。もうここでつかみはOKってな感じです。
警察の汚名返上として抜擢されたケリー・チャン扮する新任指揮官レベッカ。やっぱりキレイな人はそれだけで存在感が違いますね。この後、サイモン・ヤムさんともしかして…なんて思わせる場面(実は違う)もあったりなんかしてヤムさん、こんなところで美味しい役で登場してるし。
強盗犯を捕まえる捜査の一部始終をカメラで中継しマスコミや一般市民にショーとして見せようなんて、とっても斬新ですね。拳銃を持った人間が近くにいるっていうのにテレビ中継なんて、って思うんですけど人間って残酷で、それがスリルがあって面白いって思っちゃうんですよね。
レベッカの指揮の元で動く機動隊やニック・チョン扮するチョン警部補率いる警察がそれぞれに犯人を追っていて、緊張感が漂ってすごいです。そんな中でもホイ・シウホン演じる定年前の刑事がその緊張感をほぐしてくれるような笑いがあったり。

犯人側もただの悪者で終わらないところが、さすがはジョニー・トー監督。強盗犯のリーダー、リッチー・レン。話には聞いていたんですが今回、初めて認識しました。渋くてかっこいい役者さんですね。そして人質に捕らえられた家族のパパさん役にラム・シュー!どういう形で出演するのかと思ったら、ハマりすぎです(^^)子供にダメ親父扱いされていて、威勢だけはいいのに行動がともなってない。いい味出してます。
人質として捕らえられているはずなのに、お腹がへったら和やかに食事をしちゃってるし。また犯人も料理がプロ並みにうまくて。
警察側もランチタイムを取って、これはショーだからと外にいる隊員まで弁当を配っちゃうなんて面白い。
パソコンでの警察側とのやり取りも臨場感があって良かったですねぇ。これからどう展開していくのかワクワクしながら見入ってしまいました。
あんまり話すとネタバレになってしまうんで、さらっといきますが、テレビ中継のもと犯人側と警察との攻防戦がとてもスリリングで、最初から最後まで目が離せませんでした。そう、ニック・チョンのしつこさが見ものです。
ただ一番ラストのシーンがイマイチ理解できなくて(^^;)これはDVDで見直さないとなって思いました。

観終わった後に旦那に感想を聞くと、面白かったとのこと。ただ、「銃を乱射しすぎ、なのに死人がほとんど出ないのもおかしい。」と言ってました。うちの旦那は香港映画はまったく観ない人なんで、銃の乱射には慣れてないんですね。私は、さすが!って思ってたんですけど。でも言われてみればそうかも。
あと、繁華街の中にある映画館に観に行ったんですが、劇場の外へ出たらなんと、焼き芋屋さんが出てました。
旦那の「あそこから一つ勝手に持ってって食うんやぞ。でもほんとに持ってったらあかんよ。」のひと言に大笑い。
なかなか楽しい夜を過ごせました(*^^*)
スポンサーサイト

<< 「つきせぬ想い」 | ホーム | 「Needing You」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。