プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「花様年華」

花様年華 花様年華
トニー・レオン (2004/11/25)
松竹

この商品の詳細を見る
「花様年華」
2000年 香港
監督: 王家衛(ウォン・カーウァイ)
出演: 梁朝偉(トニー・レオン)
張曼玉(マギー・チャン)
藩迪華(レベッカ・パン)
雷震(ライ・チン)
蕭炳林(スー・ピンラン)

<あらすじ>
1962年、香港。あるアパートに引越して来た新聞記者のチョウは、偶然同じ日に隣に越してきた社長秘書のリーチェンと出会う。夫が海外出張で家を空けることが多いリーチェンと同じく、チョウも妻が不在がちだった。そんな共通点を持つ2人は近所でしばしば顔を合わせ、やがて親しい友人になっていく。そしてある日、彼らはお互いのパートナーが不倫関係にあることを知る。そのことに深く傷付きつつも、パートナーに真実を確かめる勇気が無い2人は、ただ寄り添って心を触れ合わせていくのだった…。(yesasiaより)
またもやウォン・カーウァイ作品です(^^;)
でもカーウァイ監督作品ならこれははずせないのでは?
私もウォン・カーウァイワールドにみごとにはまった一人です。

物語は1960年代が舞台になっていてファッションや建物、小道具にいたるまでその当時の雰囲気が漂っていていいですね。「欲望の翼」を観ても思ったんですが、バックに流れるBGMがその時代背景にすごくマッチしていて素敵ですね。
主役のトニー・レオンのスーツ姿がまた良いです。
マギー・チャンは結婚していながらなぜか仕事が社長秘書で服装や髪型はいつもきちっとしている。どのシーンも襟の立っている衣装で、背の高いマギー・チャンがさらにスラッとして見えますね。でもかなり隙がないような感じにも見える。

二人は偶然にそれぞれの自分の妻と夫に裏切られていることを知り、悲しみの中で惹かれ合っていく。チャウ(トニー・レオン)の方は妻と別れてチャン(マギー・チャン)と一緒になる気持ちはあるのに、チャンは夫を忘れることができずにチャウと一線を越えられない。けっきょくチャウは一人でシンガポールに発つてしまう。
でもチャンは彼が発った後一人、二人が過ごした部屋に行き泣き崩れる。どうしようもなく、もう取り戻すことのできない愛に気づいて。

やっぱりウォン・カーウァイ作品は奥が深すぎてすべてを理解するのは難しいですね。何回か観ないとこの作品の良さが味わえない気がします。

そういえばチャウが人目を気にすることなく二人で会うために借りた部屋番号が2046になってました。ここから「2046」につながってたわけですね。
そしてチャウがシンガポールに発った後、現地で友人と秘密の穴の話をする。その後チャウが建物にできた穴にささやくように顔を近づけている。これも「2046」につながってますね。

追記
この後もう一度「2046」観直したら、なんとこの「花様年華」より前に「欲望の翼」からこのシリーズはつながっていることに気づきました(遅い?)「欲望の翼」のミミがシンガポールでチャウに会っていたんですね。彼女は自分のことをルルと名のって。
スポンサーサイト

<< 「2046」 | ホーム | 「さらば、我が愛/覇王別姫」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。