プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「欲望の翼」

欲望の翼 欲望の翼
レスリー・チャン (2006/06/23)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

「阿飛正傅/DAYS OF BEING WILD」
1990年 香港
監督: 王家衛(ウォン・カーウァイ)
出演: 張國榮(レスリー・チャン)、 張曼玉(マギー・チャン)
劉嘉玲(カリーナ・ラウ)、 張學友(ジャッキー・チュン)
劉徳華(アンディ・ラウ)、 梁朝偉(トニー・レオン)

<あらすじ>
1960年、香港。サッカー場の売り子スー(マギー・チャン)は、ヨディ(レスリー・チャン)という男と出会い恋に落ちる。しばらくして、結婚を望むスーは自由でいたいというヨディの元を去るが、別れた後も彼のことを忘れられずにいた。一方、ヨディはナイトクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)と知り合い同棲を始める。ある雨の夜、ヨディの部屋を訪れたもののドアをノックできずにいたスーは、巡回中の警官タイド(アンディ・ラウ)に声をかけられる。彼女の事情を知ったタイドがヨディの部屋を訪れると、そこにはミミの姿が。彼女の存在を知り絶望するスーを慰めるタイド。そんな中、ヨディの親友サブ(ジャッキー・チョン)は、美しいミミに心を奪われていた。(yesasiaより) 私が初めてウォン・カーウァイ作品を観たのが「恋する惑星」だったんですが、そのころの私はアジア映画に何の知識もなく俳優さんも知らなかったので、物語の内容についていけず最後まで観れませんでした(^^;)
今では日本でも有名で映像美やカメラワークなど芸術的に高く評価されている監督さんですが、物事の見る目がない私は、いまだに彼の作品を意を決して観ないと理解できないでいます。この「欲望の翼」も同様でした。とにかく時間をかけてじっくり観ました。

全体を通して、蒸し暑い夏のじめっとした空気間というかなんだかけだるい雰囲気がものすごく漂ってますね。
この物語に登場する男女の恋のやりとりが余計にこのけだるい空気の中で雰囲気をかもし出してるというか、うまく言えませんがなんだかすごく引き付けられました。
そしてレスリー・チャン扮するヨディ。彼を中心にすべての登場人物が絡んでいくわけですが、彼は誰も受け入れることなく行ってしまうんですね。

実の母親に捨てられたことで誰からの愛も受け入れることのできないヨディ。彼は恋愛をゲームのようにもて遊んで相手が本気になると離れていってしまう。
そして実の母親に会いにフィリピンに旅立つが会わせてもらえずに行き場をなくしてしまう。
どうしても私は誰かヨディを救ってあげて~!と言いたくなります。切なすぎる~。

なんだかまたもや考えさせられました。ウォン・カーウァイ作品は人間の感情が世界となっているような気がします。人間の心が織り成す世界。
それぞれの男女の気持ちが揺れ動いていく。
う~ん。まだまだ理解できてない部分はたくさんあるんだろうなぁ。

そう、この映画のラストのトニー・レオンは「花様年華」の序章みたいなものだったのかな?なんだか観てて引き付けられました。不思議な感じのシーンです。このトニー・レオンは味があっていいですね。
スポンサーサイト

<< 「さらば、我が愛/覇王別姫」 | ホーム | レスリーの存在 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。