プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「嵐の青春」

嵐の青春

「烈火青春」
1982年 香港
監督: 譚家明(パトリック・タム)
出演:張國榮(レスリー・チャン)
葉童(セシリア・イップ)
夏文汐(パット・ハー)
湯鎮業(ケン・トン)

<あらすじ>
裕福な家庭に育った真面目な青年ルイは、デザイナーを目指し勉強中。そこへ、日本に留学していた従姉妹のキャシーが帰ってくる。自由奔放な彼女はプールで大胆に振る舞い、監視員の青年トムを虜にしてしまう。最初は相手にしなかったキャシーだが、トムの強引なアタックの前に、いつしか心を許していく。そんな2人の姿を見ていたたまれなくなったルイは、一人でバーへと向かう。彼はそこで、恋人と別れ、落ち込んでいた女性トマトに声を掛け、いつしかこの2人も恋に落ちる。やがてある夏の日、2組のカップルは島へと遊びに出かけるのだったが…。(allcinema解説より)
この映画はレスリーがデビューしてまだあまり人気が出ていなかった頃、この映画に出演したことをきっかけに注目されるようになった作品だそうですね。
レスリー自身もこの作品は強く印象に残っているようです。

監督のパトリック・タムはウォン・カーウァイやツイ・ハークといった香港映画の代表的な監督さんたちに多大な影響をあたえた人ならしいですね。
映画はDVDをレンタルして観たんですが、特典映像にオーディオコメンタリーとカットされたシーンが入っていて、その音声解説で映画評論家のかたが、そのことを語っておられました。
いつもならオーディオコメンタリーは聴かないんですけど今回はレスリーの映画だし、当時のようすが聞けるんじゃないかなと思って音声入りで観てみました。
もちろん、まず音声無しの状態で観てからもう一度、解説付きで観たんですけど意外と面白くて、インタビュアーの人と映画評論家らしき人が自由に語っていてなかなか楽しめました。

この映画は当時、香港で上映されたときはけっこうセンセーショナルだったようですね。それまでアクション映画が多かっただけに、こういう作品はめずらしかったみたいです。
この映画の主役はレスリーなのかな?一応メインの役であることは確かですね。レスリーのほかにパット・ハー、ケン・トン(←このお方ドラマ「上海灘」で見ました。けっこうカッコいい)そしてレスリーの相手役セシリア・イップの4人を中心に描かれています。
この映画の感想はひと言では語れないですね。突っ込みどころもたくさんありますが。やたら日本のものが出てきたり、日本語が使われていたり。
突然の場面展開や、なんの前触れもなく訪れるシーンは斬新なんですが私にはいまひとつ理解できない部分がありました(^^;)
ただ、レスリーがとても色っぽいです。可愛いけど色気がある、ちょっと影があるような雰囲気が良かったです。
表情一つ一つがとても気になって食い入るように見てしまいました。やっぱり若い~。あどけない感じが良いですねぇ。
スポンサーサイト

<< 張學友(ジャッキー・チュン) | ホーム | 映画はいっぱい観てるけど… >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。