プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラブソング」

ラブ・ソング

「甜蜜蜜」
1996年 香港
監督: 陳可辛(ピーター・チャン)
出演: 黎明(レオン・ライ)、 張曼玉(マギー・チャン)
曾志偉(エリック・ツァン)、 杜司風(クリストファー・ドイル)
楊恭如(クリスティ・ヨン)、 アイリーン・ツー

<あらずじ>
シウクワンは、ある事情から中国大陸を後にし香港へと渡ってくる。同じような理由で香港にやってきたレイキウ。町をさよっていた二人は、偶然マクドナルドで知り合う。それがきっかけで二人は付き合うようになるが、それは10年にも及ぶ二人の愛憎劇の序章にすぎなかった。(allcinema解説より)
もうこの作品は香港では代表的なラブストーリーの映画ですね。
ずっと前から話には聞いていたんですが、なんせ恋愛ドラマが苦手な私は、なかなか手が出せずにいました。
後から知ったんですがこの映画の監督ってレスリーの「金枝玉葉」シリーズの監督でもあったんですね。それを知っていたらもっと早く観ていたかも~。「金枝玉葉」シリーズは大好きな映画なんです。

なんでしょう、この映画の雰囲気というか世界観は。大陸からお金を稼ぎにやってきた二人の男女。大陸人から見た香港の風景。感覚的には地方で育った人が上京するような感じでしょうか。でもそれとはまた違った雰囲気がありますね。同じ国なのに言葉も通じないし生活習慣も違う。まるで別世界に来たような不思議な感じです。
そしてレオン・ライが大陸育ちの純朴な若者の役が合う。なんて自然な感じなんでしょう。確かレオン・ライ自身も生まれは大陸ならしいですね。でも彼の場合、子供のころに香港へ移住してきたということで、今はほとんど香港人のような感じですが、彼のスッキリとした顔立ちや聡明な雰囲気は大陸の血がそうさせているような気がします。
かたやマギー・チャンはもうすでに自立した女性で、要領よくお金を稼ぎ香港の街に充分馴染んでいる。
この対照的な二人が出会い、マギー扮するレイキウがレオン扮するシウクワンをうまい具合に香港の生活に慣れていけるよう、手助けをする。
始めは友達として付き合うようになった二人も自然と惹かれあい、本能のままに結ばれてゆく。
レイキウがシウクワンの家から帰ろうとするときにコートを着せ付けるシウクワンの、行動とは裏腹な気持ちがなんだかいい。彼女を帰したくない~みたいな。
でもシウクワンには大陸に残したフィアンセがいて、彼女が香港へ来たことによって二人はお互いにそれぞれの道を歩むことになる。
でも、もうすでにシウクワンの気持ちはレイキウに向いてしまっていて、結婚生活もうまくいかない。レイキウもまた口では否定していても彼のことを忘れられなくて…。
レイキウがシウクワンを車で送るシーンは、またまた二人の揺れ動く気持ちがとてもやきもきして、でもやっぱり気持ちは抑えられなくて。

この二人の10年に及ぶ心のすれ違いが、私的にはとーってもハラハラさせられました。お互いに好き同志なのにどうしても越えられない壁があって、結ばれることができない。

エリック・ツァンが演じるマフィアのボスもなかなかオチャメなところがあって良かったです。レイキウを怖がらせないように背中にミッキーの刺青を入れるとこなんて、演出が効いてますね。この刺青がまたラストに切ないものにさせる。うまいです。
そしてこの映画の象徴ともいえるテレサ・テンの曲。この映画に使われている曲は知らなかったんですが、テレサ・テンというと「つぐない」という曲が頭を流れます。とても素敵な人でしたね。そのテレサの曲がこの映画の世界をよりいっそう惹き立てていて、不思議な感覚に引き込まれる。
二人が偶然再会するときもテレサの曲が流れていて。とても感動的でした。
そしてラストに物語の頭の部分を持ってきてああ、ここから二人のストーリーははじまっていたんだなって思わせる演出がいいですね。
とっても良かったです~。
スポンサーサイト

<< 「THREE/臨死」 | ホーム | 「妖獣都市~香港魔界篇~」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。