プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カンフーハッスル」

カンフーハッスル コレクターズ・エディション

「功夫」
2004年 香港/中国/アメリカ
監督: 周星馳(チャウ・シンチー)
出演: 周星馳(チャウ・シンチー)、 林子聡(ラム・ジーチョン)
元華(ユン・ワー)、 元秋(ユン・チウ)、  林雪(ラム・シュー)
陣国坤(チャン・クォックワン)、 梁小龍(ブルース・リャン)
董志華(ドン・ジーホワ)、 趙志凌(チウ・チーリン)
釈行宇(シン・ユー)、 何文輝(ホー・マンファイ)
田啓文(ティン・カイマン)、 黄聖依(ホアン・シェンイー)

<あらすじ>
生きるためには強くなり悪とならなければならないと信じる負け犬のチンピラ、シン。彼の夢は栄華を誇る冷酷非情なギャング団“斧頭会”に入ること。頼りにならない相棒とコソ泥を繰り返す日々。ある日、ひと仕事するべく貧民街の“豚小屋砦”というアパートに目を付けたシンは、そこで斧頭会の連中と住民たちとのモメ事に遭遇する。なんと住民たちは大勢いた斧頭会の面々を易々とかたづけてしまうのだった。驚いたことに、彼らはかつてカンフーを極めた最強の達人たちだったのだ。怒りに燃える組長は、殺し屋を雇い住民たちのもとへ次々と送り込む。そしてその対決を目の当たりにしたシンの中で何かが目覚めるのだった。(allcinema解説より)
チャウ・シンチー特集、ラストは今や彼のもっとも代表作といえる作品『功夫』です。前作の『少林サッカー』に引きつづき監督としても本領を発揮してます。
ずっと観たいと思っていて、でも時間のあるときにゆっくり観たかったので、なかなか手が出せずにいた作品です。それがたまたまCSで放送があったので有料チャンネルにもかかわらず観ちゃいました。いや、でもCSだと録画ができるのでそこが魅力なんですよねぇ。

この映画については、まわりの反応をいろいろ聞いていて『功夫』というタイトルからカンフー映画なんだろうなって想像はしていたんですが、スタート地点からもうすでに予測不可能な始まり方でまったく先が読めなかったです。今からなにが起こるのかわからない状態でドキドキしながら見ていたら、え?ラム・シュー?(^^)最近、彼が登場しただけでなんだか嬉しくなっちゃってる自分がいます。

始めからけっこう暴力的なシーンが多いんですが、明らかにこの“斧頭会”というのは悪者なんだなっていうのはわかりました。ただ、シンチーさんの役どころがまたくつかめないまま物語が進んでいって、敵なのか味方なのか最初ははっきりしなかったです。今回レビューするにあたって再見してみたらそのおぼろげだった部分が見えた気がしました。逆に言うとそれがねらいだったのかな?けっこうギリギリまで引っ張っておいて最後にあっと言わせるというか。

この映画は笑える部分もたくさんあるんですが、なんと言ってもこの映画の見せ所はカンフーじゃないでしょうか。
“豚小屋砦”というぼろ住宅の貧しい住民たちが一見、弱そうな感じがするのに、実はものすごいカンフーの技の達人がいて。しかも実はもっとも最強だったのはその住宅の管理人夫婦だったり。
この二人がとんでもなく強い!ユン・ワーさんは実はアクション俳優として有名な人でジャッキー・チェンとも共演したりする、すごい技の持ち主なんですよね。でも今回は奥さんの方がすごかったです。ありえないくらい早く走る足と(シンチーさんとの追いかけっこは大爆笑でした^^)もんのすごいでかい声。
普通はいませんってこんな人。それをやっちゃうのがシンチーさんのすごいところですね。
そして、シンチーさんの映画に欠かせないのは感動を呼び起こさせるような、ホロリとくるシーン。今回はシンチーさん扮するシンの幼少の頃の思い出。それを思い出したことによって自分の過ちに気づく。いいですね~。
さらに一番最強の敵との闘いで、隠れていた力が目覚める。その後のシンチーさんのかっこいいこと!そうでなくっちゃ!って思わせてくれる楽しさと、あっと言わせるアクションがすごいです。まったくもって最後まで目が離せませんでした。
なんていうんでしょうか、シンチーさんのアクションに対するこだわりが細部にまで行き届いている感じがして、手を抜いてないところはさすがです。
そしてやっぱり観終わった後はスッキリ!
最後の最後まで楽しませてくれるシンチーさんの映画は最高ですね。
スポンサーサイト

<< 「月夜の願い」 | ホーム | 「チャイニーズ・オデッセイ 其ノ弐」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。