プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チャイニーズ・オデッセイ 其ノ弐」

チャウ・シンチーのチャイニーズ・オデッセイ<其の弐>

「西遊記大結局之仙履奇縁」
1995年 香港
監督: 劉鎮偉(ジェフ・ラウ)
出演: 周星馳(チャウ・シンチー)、 朱茵(アテナ・チュウ)
呉孟達(ン・マンタ)、 羅家英(ロー・カーイン)
莫文蔚(カレン・モク)、 藍潔瑛(ナム・キットイン)

<あらすじ>
タイムスリップの力を得たチンポウは500年前の世界に到着、謎めいた女性・ジーハと出会い、心とタイムスリップの力を奪われる。そんな中、チンポウはジンジンと再会し、500年後の二人の未来を告げてプロポーズする。ところが、ジーハが牛魔王に捕まってしまう。その時チンポウは初めてジーハの愛の深さを知り、ジーハこそが真実の恋人だと気づく。しかし、ジーハを助けるためには人間の心を捨て、孫悟空に転生しなければならないのだった…。(yesasiaより)
後半は内容が徐々にシリアスになっていきます。500年前に引き戻され、アテナ・チュウ扮する仙人のジーハの出現により、チンポウの運命は狂わされていきます。
このジーハがややこしい(^^;)彼女には姉がいるようですが、どうも二人で一人みたいです。それが何の前触れもなく入れ替わるんで、はじめはどっちがどっちなのかわからず混乱してしまいました。
アテナ・チュウは若くて可愛いです。その弐ではチンポウは自分でも気づかないうちにジーハに惹かれていくわけですが、私にはそんなに早く人の心が変わってしまうなんてって正直、疑問に思っちゃいました。
今回はマンタさんが思いっきりブタさんになってます。かなりリアルで怖い~。でもそれも観ているうちに徐々に可愛く見えてきたりして。
三蔵法師役のロー・カーインも面白いです。途中、タイムスリップできる道具(名前がわからない^^;)を使っていろんな姿になって登場したり。
牛魔王と闘うシーンでマンタさん率いる沙悟浄やジーハ、牛魔王の妹の心と体が入れ替わるシーンもドタバタしていてまたまた混乱しちゃいました。
ストーリーは過去に戻ったり現代に行ったりと場面展開が早くついていけなかったです。これは何回か観てみないと私には理解ができないかも。
500年前に死んだはずの三蔵法師を助けたことによって、未来が変わったということでしょうか?一番最初にチンポウが見た夢のシーンが現実としてよみがえってくる。うーん深いです。
今回のその弐ではシンチーさんの演技力が光ってました。ふざけたりするのはいつものことなんですが、ジーハのことが好きだということに気づき、それでもジンジン(カレン・モク)を救えなかった自分を許せなくて、孫悟空としてならジーハを救うことができる。その道を選んだチンポウの決断に心打たれました。人の心はそんなに早く変わるのか?って思ったことを撤回します。
そして、孫悟空となったシンチーさんのカッコいいことといったら。なんでしょう?強くて頼もしくて、ちょっと茶目っ気もあるこの孫悟空が大好きです~。すごくシンチーさんのキャラに合ってますよね。
そう、またまたジェフ・ラウ監督が出てましたね。シンチーを運命を左右する助言者としてその壱同様、けっこう重要な役で出てます。

そして、きわめつけはラストシーン。物語のすべてがここで救われます。なんて感動的で魅きつけられるんでしょう。
たぶん、ここでシンチーさんに惚れた人が多いのでは?私もドキドキしちゃいました。
にゃ~良かったなぁ。久しぶりに感動いたしました。

シンチーさんのバースデー特集ということでこの作品を選びましたが、このような名作に出合えてとても幸せでした~♪
シンチーさんお誕生日おめでとうございます。
これからもたくさんの名作を残していってくださーい。
シンチーさんのバースデー特集、あと残り1本あげる予定でいます。なにが出るかはお楽しみに~。
スポンサーサイト

<< 「カンフーハッスル」 | ホーム | 「チャイニーズ・オデッセイ 其ノ壱」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。