プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キング・オブ・カンフー」

キング・オブ・カンフー

「武状元蘇乞兒」
1992年 香港
監督: 陳嘉上(ゴードン・チャン)
出演: 周星馳(チャウ・シンチー)、 呉孟達(ン・マンタ)
張敏(チョン・マン)、 徐少強(チョイ・シウキョン)
林威(ラム・ウェイ)、 鄭丹瑞(ローレンス・チェン)
陳百祥(ナット・チャン)

<あらすじ>
高級官史の息子・蘇乞見は、武芸だけは一流で、親の金で遊びたい放題の日々を送っていた。そんななか、以前から宮廷実力者の恨みをかっていた蘇乞見は、科拳の試験での不正を言い立てられ、財産を没収されてしまう。浮浪者に落ちぶれた蘇乞見は、どん底のなかで武道の極意を掴み、やがて復讐のために北京へと向かうのだが…。(yesasiaより)
シンチーの笑いの面白さにはまり始めた頃、新たな笑いを求めていろんな作品をレンタルしたんですが、実はこの映画を初めて観たときは、あんまり笑えるシーンがなく面白くないなぁって思ったんです。でも今回レビューするにあたって再見してみたら、その理由がわかりました。この作品はシンチーの笑いを求める人にとっては面白くない映画かもしれないです。事実私もそうだったし(^^;)でもあらためて鑑賞してとてもいい作品だなって思いました。
けして、まったく笑えないわけじゃなくマンタのおっちゃんとのコンビもなかなかでちょっとホロリとさせてくれるシーンもあり見ごたえは充分です。

今回、再見して途中でシンチーが演じる蘇乞見という人物がいったいどういう人なのか初めてわかりました。実は物乞いになったあと(※)丐幇の幇主となる人物だったんですね。
気になりだしたら調べずにはいられない性分なので蘇乞見という人物について調べてみました。この人物は実在していて中国では有名な人らしいです。ジャッキー・チェンの『酔拳』でジャッキーに拳法を教えた師父がこの人物なのだとか。
もともとは裕福だったのが成り行き上、物乞いとなってしまって丐幇の幇主まで登りつめていく。そんな人物をシンチーが演じているというわけなんですね。
ストーリー自体は元ネタを忠実に再現しているかどうかはさだかではないんですが、それを演じるシンチーはとってもはまり役だと思います。
最初の方の坊ちゃんぶりから、これでもかってなぐらいどん底に落とされ一時はどうなるかと思ったんですが、そこから上へと這い上がっていく姿には余裕すら感じさせました。そうこなくっちゃ!って思わせてくれる頼もしいシンチーが良いです~。アクションもなかなかでカンフーや武術も見ものです。
またまたチョン・マンと共演してますね。やっぱ綺麗な女性だ~。

今回のシンチーは外見はボッサボさの髪にぼろぼろの服なんですが時おり見せるクールな眼差しはなかなかカッコ良いです。この映画は笑いの要素は少なめですが作品としては充分楽しめました。

(※)丐幇(かいほう)の幇主(ほうしゅ)についてわからない人のためにちょっぴり豆知識を。
丐幇とは中国ではとても有名な金庸の小説に出てくる、乞食によって構成され武術を身につけた江湖最大の勢力を持つ集団のこと。
その丐幇の幇主として代表的な人物が当ブログでも紹介している『天龍八部』の喬峯(きょうほう)や『射[周鳥]英雄伝』の洪七公(こうしちこう)など。
丐幇の伝統的な技の一つに降龍十八掌と代々幇主が受け継ぐ打狗棒(だくぼう)による打狗棒法というのがあります。
シンチーが映画の中でこの両方を使うシーンが出てきますよね。

スポンサーサイト

<< 「超アブない激辛刑事 カリー&ペッパー」 | ホーム | 「少林サッカー」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。