プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミラクル 奇蹟」

奇蹟 / ミラクル デジタル・リマスター版

「奇蹟」
1989年 香港
監督: 成龍(ジャッキー・チェン)
出演: 成龍(ジャッキー・チェン)、 梅艶芳(アニタ・ムイ)
歸亞蕾(クェイ・アルイ)、 董驃(トン・ピョウ)
午馬(ウー・マ)、 呉耀漢(リチャード・ン)
葉蘊儀(グロリア・イップ)、 羅烈(ロー・リエ)
元彪(ユン・ピョウ)、 張學友(ジャッキー・チュン)

<あらすじ>
時は大不況の'30年代。一旗あげようと香港にやって来たものの、たちまち全財産をだまし取られたコウ(ジャッキー・チェン)は、突然ギャング組織の抗争に巻き込まれ、成り行きで黒社会のボス、パクを助けてしまう。ところが彼の部下たちはパクが絶命する寸前、コウを後継者に指名したと思い込み、こうしてコウは黒社会のボスの座に収まってしまうのだった。(goo映画より)
はい(^^)ジャッキー・チェン特集、今回はとりあえずこの作品でラストにしたいと思いまーす。今回はラストですが、まだまだ見たい作品がたくさんあるのでそのへんは徐々にアップしていきたいと思います。
実はこの映画を観るのは初めてでした。いままでアップした9本はすべて過去に一度は観ていたんですけど、この作品だけは観たことがなかったです。
でもこれをジャッキーにはまった当時に観ていたら、なんだかつまらない映画だな~で終わっていたかも。なぜならこの映画はジャッキーのお馴染みのアクション映画とちょっと違うから。でも逆に今観れてタイミングが良かったです。
たぶんこれはアクションを期待するジャッキーファンには物足りない作品じゃないかな、でも香港映画ファンの私としてはこの作品はOKでした。というかかなり良かった。ある意味これが一番、香港映画っぽいような気がします。
後から知ったんですけどこの映画はゴールデン・ハーベスト社設立20周年記念として製作され「ポケット一杯の幸福」という映画のリメイクだそうですね。
だからシナリオがしっかりしていたのか~。でもジャッキーがそれを香港映画らしくうまい具合に味付けしていたと思いました。
この時代背景も雰囲気が出ていて素敵~。このころの中国って激動の時代ではあったけど希望は捨てていない感じがしてとても良いですよね。
そしてこの映画、意外とキャスティングが豪華。ゲスト出演者多数で探し出すのも難しいほど。でも見つけました!
ユン・ピョウ学友さん
はじめの方で出てきた学友さんとユン・ピョウ二人とも少しだけでしたが(ユン・ピョウなんか瞬きしていたら見失いそうなほど)
私としてはジャッキーの陰の指導者のウー・マさんがお気に入り。ジャッキーに指示するんじゃなく好きなように泳がせて、うまい具合に持っていく。いい味出してましたねぇ。「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」で道士の役をやっていた人です。
途中ではサイモン・ヤムさんも登場してました。これまた一瞬だけ。サイモン・ヤム
そしてアニタがカッコいい!歌声をちゃんと聴いたのは初めてでした。低音のボイスが素敵です~。ジャッキーとのコンビもなかなかでした。
んでもってジャッキーの映画でお馴染みのトン・ピョウさんやリチャード・ンがいつものようにちょっとすっとぼけた感じで出ていて楽しい~。
いろんなことがめまぐるしく起こってバタバタとなっていくあたりは香港映画ならではって感じですね。
アクションも少なめではありながらも見せるところでは見せてくれました。レストランでのシーンはちょっと「プロジェクトA」を思い出しました。
ロープのでの格闘シーンも見逃せないです。
そしてラストにどんな結末が待っているのかなぁってワクワクして観ていたんですけど期待は裏切らないでいてくれましたね。ちょっぴり感動。ジャッキーといえばアクション映画だけど、こういう作品もたまにはいいなって思った1本でした。
スポンサーサイト

<< 「暗戦 デッドエンド」 | ホーム | 「サイクロンZ」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。