プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サイクロンZ」

サイクロンZ

「飛龍猛将」
1988年 香港
監督: 洪金寶(サモ・ハン・キンポー)
出演: 成龍(ジャッキー・チェン)、 洪金寶(サモ・ハン・キンポー)
元彪(ユン・ピョウ)、 葉徳嫻(ディニー・イップ)
楊寶玲(ポーリーン・ヤン)、 元華(ユン・ワー)
ベニー・ユキーデ、馮淬帆(フォン・ツイファン)


<あらすじ>
香港でも熱血漢弁護士として知られるジャッキー(ジャッキー・チェン)は、企業から仕事を依頼される。化学原料工場からの汚水が、近くの漁場を汚染したとの訴えに対処するためだ。訟訴の代表者イップ(ディニー・イップ)の姪メイ(ポーリン・ヤン)にジャッキーは会うが、女の子とみるとすぐにちょっかいを出す彼も一目でゾッコン。訟訴をとり下げ事件解決の早道は、企業が漁場を買いとることだ。ジャッキーは友人のブローカーのウォン(サモ・ハン・キンポー)に買収工作をすすめ、ウォンはイップの隣に引越し、彼女に接近する。(goo映画より)
この映画も劇場でみた作品の1つです。といっても私が映画館で観たジャッキーの作品はこれを含めてたったの4本。今回は偶然にもCSでその4本すべてが放送され、映画館に観に行った当時のことが思い出されて懐かしい気持ちでいっぱいになりました。この「サイクロンZ」も同じくです。
この作品は「スパルタンX」同様、サモ・ハンが監督をやっています。
実をいうとこの映画のストーリーをほとんど覚えてませんでした。強く印象に残っているのはユン・ピョウのホースに入った魚だけ(^^)これを見て「あ~!これこれっ」って声に出しちゃいましたもん。
ジャッキーは弁護士だったんですね。しかもプレイボーイ、かなりめずらしい?でもってユン・ピョウは今回もキャラが面白い!ちょっと警戒心が強すぎ?いっつもタイミングをはずして登場してきて、まわりに迷惑をかけてしまう。カウンセラー役のフォン・ツイファンとのやり取りが笑えました。
で、今回一番美味しい役どころだったのはサモハンですね。おどろいたのがディニー・イップ、すごい細くて綺麗!私の知ってるディニー・イップはアンディさんの「九龍帝王」や「ハンサム・シビリング」のマンタさんとのコンビ。そこからイメージするとかなり色っぽいです。
そしてジャッキーの相手役のポーリーン・ヤンは当時ミスコンだったか何かで賞を取った人でしたよね。中国系の美人顔ってこういう感じなのかぁって思った記憶があります。
今回のストーリーですが、う~ん(^^;)なんでしょうこの昭和初期のような恋愛模様は。台詞やみんなのやり取りがクサいです。ジャッキーやサモハンが普通に恋愛してる姿に慣れないというか、私的にはダメでした。
でもアクションは別ですよ!今回も楽しませていただきました~。まず船の上。ハシゴのようなものを使ってくるっと回転するシーンは強く印象に残ってました。船内のレストランやカウンターでの棒やテーブル、イスなどを使ったアクションはもうお手の物ですね。
そしてジャッキー、サモ・ハン、ユン・ピョウの3人がケンカするシーン。いつもなら団結して闘う3人がお互いに殴りあいのケンカ。ほんとに本気でやったらどうなるんでしょうねぇ。
さらに工場での格闘。「ポリス・ストーリー3」で登場したユン・ワーさんが今回も悪役で登場しています。葉巻をくわえながらユン・ピョウやジャッキーの技をかわす身のこなしの軽さには余裕がありましたね。ちょっとインテリっぽくて怪しい感じが良かったです。
そしてベニー・ユキーデ。「スパルタンX」のときよりも迫力を増してる~!正直こわかったです~。でもすごい、やっぱりスピードが違いますね。ジャッキーもユキーデの強さには圧倒されてる感じ。さすがです。
今回、残念だったのが途中でユン・ピョウが気をうしなちゃったこと。「スパルタンX」のときみたいに3人で闘って欲しかったのに、ラストはサモハンに担がれちゃってトホホ…。もっと闘うところが見たかったなぁ。でも楽しかったです。

そう、この映画のエンディングテーマはジャッキーとアニタ・ムイが歌ってるんですね。この声はもしや?って思ったらやっぱりそうでした。アニタとデュエットソングも歌っていたんですね~。
スポンサーサイト

<< 「ミラクル 奇蹟」 | ホーム | 「サンダーアーム」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。