プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蒼き獣たち」

蒼き獣たち

「五虎将之決裂」
1991年 香港
監督: 曾志偉(エリック・ツァン)
出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)、 梁朝偉(トニー・レオン)
黄日華(フェリックス・ウォン)、 梁家仁(レオン・カーヤン)
苗僑偉(ミウ・キウワイ)、 湯鎮業(ケン・トン)
陳欣健(フィリップ・チャン)、 黄錦江(ウォン・カムコン)
温碧霞(アイリーン・ワン)、 藍潔瑛(ナム・キットイン)

<あらすじ>
香港警察の特捜班CIDに属するアンディは、同僚と共に麻薬取引の現場を押さえた。そしてその場で、彼らの上司レオンの義弟ケンを発見する。彼らはケンを見逃したが、ケンはその事実を警察の汚職取締機関ICACに告げてしまう。捜査の手が伸びる中、同僚たちは次々と罠にかかり命を落としていく。友を失ったアンディは、刑事の立場を捨て、ケンに対する復讐を誓うのだった……。(allcinema解説より)
この映画の原題『五虎将之決裂』の五虎将とはこの映画の公開当時、TVBの俳優であったアンディさん、トニーさん、フェリックス・ウォンを含む5人の明星のことを指します。つまりその5人の決裂ってこと。この映画のまんまのタイトルなんですね。

最初に言っておきます(^^)私はトニーさんのファンです(知ってるって)。この映画のイメージを壊したくない人は今からレビューを読まないほうがいいかも。なぜならこの映画の感想は正直に言っちゃいたいと思うので。

というのもトニーさんがこの映画を撮影した頃はちょうど『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』の撮影と同じ時期だったので、このときのトニーさんの髪はカツラなんです(^^;)
初めて観たときから妙に違和感を感じていたのはそれだったのかって、途中で気づきました。まあでもそのへんは香港映画だし、しょうがないことだと思うんですが、やっぱりわかってしまうとどうしても意識せずにはいられなくて…。
あと、この映画の監督はエリック・ツァンだったんですね。観終わってから知ってびっくり、いや~この映画っていがいと貴重な作品かも。

冒頭の競馬のシーンからまずこの5人はどういう関係なんだ?ってしばらくの間CIDだということに気が付くまでに時間がかかってしまいました。
だってトニーさんはアンディさんと馬券買ってるし、黒社会のグループなのかなと。しかも、前半のトニーさんとアンディさんのコンビのノリといったら。すっごいお調子者で軽くて、まるでお笑いコンビのようです。二人で歌って踊ったり。でもこんな二人の姿は貴重かもしれないですね。CIDとしては軽すぎのような気もしますが、嫌いじゃないです。

5人がマフィアの麻薬取引現場アを押さえたときに、レオン(レオン・カーヤン)の義理の弟であるケン(ケン・トン)を逃がし現場にあったお金を着服してしまう。正確には現場にあったお金を証拠品として回収するはずだったのにトニーさんとアンディさんが、それを報告せず持ち帰ってしまうんです。
なんで二人が悪者なんだ~。一番若いから?とにかくそのお金を返さずにみんなで分けてしまったことから、5人の運命が狂い始める。
そう、フェリックス・ウォンが渋くてカッコ良いですね~。彼だけは着服したお金を受け取らなかったんです。5人の中では一番、真面目で正義感が強い感じ。

そしてケン・トン、この人は嫌いじゃないんですが今回は悪い役やってますね~。いますよねこういう人。人の弱みに付け込んで骨の髄まで搾り取ろうとするやつ。こういう人には絶対に弱みを握られちゃダメですね。でも彼らは握られてしまうわけですが。
そして、一人ずつ彼の犠牲になっていく。その一番最初がトニーさんだなんてショック。逃げるケンを追いかけている途中、拳銃を奪われ(またこの奪われ方がマヌケ^^;)頭を撃ち抜かれてしまう。ここからがアンディさんとの名シーン?(^^)頭を打たれ、血をダラダラ流すトニーさんを抱えアンディさんは悔しさと悲しさで涙する。
本来ならとっても悲しいシーンであるはずなのに、あるはずなのに~(苦笑)アンディさんがトニーさんの頭を抱えたときにカツラがズレちゃう。しかもトニーさんの出血が尋常じゃない。極めつけはアンディさんが歌う主題歌。ダメ~どうしても笑いが~~。すみません、真面目にこの映画を観ている皆さまゴメンなさい。
私にはどうしてもこのシーンは笑わずにはいられなかったのです~。
そしてこの後からトニーさんの出番なし。
ストーリーも悪いことをしたらやっぱり自分に降りかかってくるんだねってな展開でどんどん悪い方へ進んで行きます。
でもアンディさんの役はけっこう嫌いじゃなかったな。元はといえば自分がまいた種であって自分で責任を取ると。一人、悪人に立ち向かう姿は若さがみなぎってました。
かわいそうだったのはICACに収賄容疑をかけられ、その責任の全てを負って自殺してしまったレオン。娘さんがいるのにこんな結末って、なんだかやりきれない。

ラストはトニーとレオンの復讐のため3人でケンを追いかけるわけですが、このシーンはすごく迫力がありました。リゾートホテルのようなところで各階の扉が外に面していて、何度も上から下へ落ちていく。エレベーターを使ってのシーンもなかなか緊迫感がありました。
ただ、最後のアンディさんのシーン。ケンを撃ち殺してしまった責任を負い自ら拳銃で頭を撃ち抜く。その撃ち方が拳銃を曲芸のようにクルクルっと回すんです。ここでちょっと緊迫した空気が、あれ~ってな方向へ。フェリックスのラストの表情も迫真の演技で良いのに、またアンディさんの主題歌の歌声が~!これを聞いちゃうとなぜか笑いがこみ上げてしまうんです~。

そう、この映画ではベテランの俳優陣がけっこう美味しい役をやってましたね。トニーさんの『ハードボイルド』でも上司役をしていたフィリップ・チャンとICAC役のウォン・カムコン、いい味出してました。
スポンサーサイト

<< 「マジック・クレーン」 | ホーム | 「東京攻略」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。