プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京攻略」

東京攻略

「東京攻略」
2000年 香港
監督: 馬楚成(ジングル・マ)
出演: 梁朝偉(トニー・レオン)、 鄭伊健(イーキン・チェン)
陳慧琳(ケリー・チャン)、 張柏芝(セシリア・チャン)
仲村トオル、 阿部寛
遠藤久美子、 小沢真珠、 白川みなみ

<あらすじ>
ラスベガスに住む中国人のメイシーは、大手銀行の頭取を務める父の反対を押し切って、日本人ビジネスマン・高橋との結婚を決める。ところが、結婚式当日高橋は姿を現さず、笑い物となったメイシーは逃げるように香港の新居へ向かう。さらに、高橋から受け取った小切手が偽物だという内装デザイナーのユンに詰め寄られ、メイシーはユンと共に東京・渋谷にある高橋のマンションに向かうが…。(yesasiaより)
トニー・レオン祭り2本目はこちらの作品です。
この映画はトニーさんの作品の中でもお気に入りの1本。もうアクションが最高ですよね。
東京攻略01冒頭の東京のオフィス街でなにやら怪しげな集団に襲われるトニーさん扮する謎の男リン。トニーさんが東京にいるだけで嬉しくなってしまうのに、セリフの第一声が日本語で「ヤダ」もうこれだけで頬がゆるみっぱなしです~。その後の傘でのアクションで一気に惹きつけられます。そこにいた全てのギャング?を倒した後のひと言がこの「髪が乱れた」余裕~♪
東京攻略02が、しかしすぐさまその後に大柄の男に襲われ、袖が簡単に外れるコートや上着のポケットから出されるアイテムを使ってかわしていくところがまたまたカッコ良い!あっという間に大柄の男をノックアウト。そのままひらりとその場を去っていきます。もうここでつかみはOKです。
東京攻略03アクションもそこで終わりなのかと思いきや、コンクリートで立てられたリンのオフィスらしきところでまたもや襲われます。ここでのトニーさんのアクションはさらにすごい。ここまでアクロバットを疲労してくれるのはなかなかないかも。
東京攻略04それでも何とか部屋を脱出し、天井から降りたロープロを使ってさっそうと身をひるがえし下まで降りていくシーンはもうカッコ良い!のひと言です。このなんだか余裕たっぷりな感じがトニーさんにとてもはまっていて良いです~。
イーキン・チェンもこの映画を初めて観たときはまったく知らなかったんですが、今回再見してみてやっぱイーキンのアクションは安心して見れますね、さすがです。

東京攻略05屋外でもトニーさんとイーキンが二人で棒を使ったアクロバットさながらのアクションシーンはかなり見ものです。
その他にもトニーさんが電動のスケートボードに乗り公道を駆け抜けるシーンはおお!って思いました。この後のカーアクションもすごいんです。とにかくいろんなアクションに挑戦しちゃってます。

ストーリーの方は、最初は謎の多い探偵リン(トニーさん)や内装デザイナーだと言ってメイシー(ケリー・チャン)に近づいてきたユン(イーキン)が一緒に日本にやってきたけど、実は彼も探偵だったりと話が2重3重になっていて、なかなか面白いです。日本の警視庁やCIAが絡んできてけっこうスケールが大きくなってますが、なぜかこの映画はそういうのも軽い感じに見えます。設定にもちょっと無理があるような?ってなところもノリでカバーしてる気がします。私的にはなかなか楽しめました。
日本の役者陣もがんばってましたね。阿部さん渋くて好きです~。中村トオルもアジア映画にどんどん進出していて、年と共に磨きがかかってますね。
女性陣も若くてきゃぴきゃぴしてますが、トニーさんと共演できてうらやましい…じゃなくてアクションもがんばってました。
ケリー・チャンも存在感がありました。やっぱ綺麗な女性は映えますね~。男に裏切られ、それでも健気にがんばる姿は、共感はできないけれど男性は守ってあげたいって思うんでしょうねぇ。
びっくりしたのがセシリア・チャン。この映画に出てることを知ったときは驚きでした。若くてピチピチしてますね。でも髪をかき上げる仕草が色っぽいです~。

最後の最後までアクションがすごかったです。東京の高速道路の下の川でボートに乗っての追いかけっこはかなりの迫力でした。特にイーキンががんばってました。
んでもってなんと言ってもこ映画の特筆すべき点はトニーさんの日本語じゃないでしょうか。あのトニーさんの話すぎこちな~い日本語がかなりツボです。
この映画はアクションとトニーさんの日本語を聞きたい方には必見ですね(←おいっ^^)
「ソウル攻略」も楽しみ~♪

東京攻略
ソウル×東京 攻略ツイン・パック

スポンサーサイト

<< 「蒼き獣たち」 | ホーム | ☆トニーさん♪お誕生日おめでと~☆ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。