プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴッド・ギャンブラー 賭侠復活」

ゴッド・ギャンブラー 賭侠復活

「賭侠1999」
1999年 香港
監督: 王晶(バリー・ウォン)
出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)
張家輝(ニック・チョン)
朱茵(アテナ・チュウ)
李子雄(レイ・チーホン )
呉志雄(ン・チーホン)

『ゴッド・ギャンブラー2』以来、バリー・ウォン監督とアンディ・ラウが再び組んだシリーズ最新作。香港を舞台にカード賭博から競馬、サッカーなどハイテクを駆使したギャンブルワールドで、プロの賭博師キングとその弟子の人情劇が繰り広げられる。(amazonレビューより)

「ゴッド・ギャンブラー賭神伝説」につづいてアンディさん主演の新シリーズ第一弾です。勝手に新シリーズと言ってますが、同じバリー・ウォン監督だし原題も「賭侠1999」だからきっとそうですよね。
物語は前回のシリーズとは別物と考えていいんじゃないかな。アンディさん扮する賭博師キングがギャンブルによって自分の人生を狂わせてしまう、一見シリアスな映画のように思わせておいて実はコメディ的な部分もある。でもここまで笑いの部分とシリアスな部分が両極端だと拍子抜けしてしまうというか、それをやっちゃうのが香港映画のすごいところなんでしょうか。それともバリー・ウォン監督特有?まあ嫌いじゃないんですけどね。

今回、この作品での一押ししたいのがニック・チョン。ニック・チョンというと「ブレイキング・ニュース」で犯人をしつこく追いかける刑事役が浮かぶんですが、この映画ではとっても軽いチンピラ(^^)でも逆にそれが良かったりなんかして。なんだかすごくこの役にあってるというか、かなり親近感がわいちゃいました。なかなか良いです。
あと、途中でアテナ・チュウにちょっかいを出していたオヤジさん、このお方がずっと気になっていたんですが、やっとお名前がわかりました。黒社会ものといえば必ず出ておられますよね。実際に黒社会にいたとか?腕の刺青がそれを物語っています。そう、そのお方の名前が呉志雄ン・チーホンさん。見た目はこわもてな感じですが実は気のいいオヤジさんな気がするんですよね。

そしてアンディさん、今回はかなり渋いです。オープニングのちょっといい気になっちゃってるアンディさんはさて置き、刑務所に入っている間に白髪交じりになり、過去を背負っているようなちょっと陰のある感じが渋くて素敵です。
生き別れた子供と会うシーンでのアンディさんには胸キュンものでした~。初めて我が子に会う父親として子供に接するときの表情、かなり良いです。
ただ、アテナ・チュウと恋に落ちるのは早くないかい?って思いました。ずっと幸せを手にできなかったからそれはそれでいいのかな?

今回は前回のシリーズと違って、始めから終わりまで色んなシーンでのサプライズがあります。バリー・ウォン監督も登場したり、サッカーの擬似中継をするシーンではニック・チョンが坊主になってサッカーの選手のモノマネをするのがおかしいです~。
あっと驚く仕掛けもあったりして、全体的には楽しめた作品でした。
スポンサーサイト

<< 「ゴッド・ギャンブラー ラスベガス大作戦」 | ホーム | 「ゴッド・ギャンブラー 賭神伝説」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。