プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1:99 電影行動」

1:99 電影行動 1:99 電影行動
アーロン・クォック、ジャッキー・チュン 他 (2004/01/21)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

「1:99 電影行動」
2003年香港/フランス

「狂想曲/狂想曲」
監督: 杜[王其]峰(ジョニー・トー)、 韋家輝(ワイ・ガーファイ)
出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)、 鄭秀文(サミー・チェン)
劉青雲(ラウ・チンワン)、杜[シ文]澤(チャップマン・トウ)
林雪(ラム・シュー)

「子ブタは体調不良/小豬不舒服」
監督: 陳果(フルーツ・チャン)
出演: 李燦森(サム・リー)、呉嘉龍(カール・ン)

「いつも笑顔で/向好看」
監督: 陳徳森(テディ・チャン)
出演: 薛立賢 (シッ・ラッイン)

「信じるも信じないも ご勝手に/信不信由[イ尓]」
監督: 徐克(ツイ・ハーク)
原作: 王澤(ウォン・ザ)
出演: 老夫子、 大蕃薯、 秦先生、 陳小姐

「必勝香港/香港必勝」
監督: 周星馳(チャウ・シンチー)
出演: 元秋(ユン・チウ)、ジェニー・イップ

「ミス香港は誰?/誰是香港小姐?」
監督: 馬偉豪(ジョー・マー)
出演: 陳奕迅(イーソン・チャン)、 胡楓(ウー・フォン)
麗淇(ニキ・チャウ)、 何韻詩(デニス・ホー)
應釆兒(チェリー・イン)、 李蘢怡(ティファニー・リー)

「飛んでる家族/我的飛行家族」
監督: 羅啓鋭(アレックス・ロウ)、 張婉婷(メイベル・チャン)
出演: 黄秋生(アンソニー・ウォン)

「運よ開け/等運到」
監督: 林超賢(ダンテ・ラム)、 陳嘉上(ゴードン・チャン) 
出演: 郭富城(アーロン・クォック)、 梁詠[王其](ジジ・リョン)
黄子華(ウォン・ジーワー)、 何超儀(ジェシー・ホー)
黎姿(ジジ・ライ)

「マクダルの1:99/麥兜1:99」
監督: 謝立文(ブライアン・チェ)
声の出演: 林海峰(ジャン・ラム)

「2003年春・追想/2003春天…的回憶」
監督: 陳可辛(ピーター・チャン)
出演: 梁朝偉(トニー・レオン)、 杜可風(クリストファー・ドイル)
張堅庭(アルフレッド・チョン)、 杜[シ文]澤(チャップマン・トウ)
呉君如(サンドラ・ン)、 黄貫中(ポール・ウォン)
原麗淇(ユージニア・ユアン) 、 田蕊[女尼](クリスタル・ティン)
張同祖(ジョン・チョン)

「輝ける未来/前程錦繡」
監督: 劉偉強(アンドリュー・ラウ) 、 麥兆輝(アラン・マック)
出演: 劉嘉玲(カリーナ・ラウ)、 呉鎮宇(フランシス・ン)
黄秋生(アンソニー・ウォン)、 杜[シ文]澤(チャップマン・トウ)
余文樂(ショーン・ユー)、 曾志偉(エリック・ツァン)
劉徳華(アンディ・ラウ)、 張學友(ジャッキー・チュン)
陳冠希(エディソン・チャン)

<解説>
新型肺炎SARSの流行で打撃を受けた香港社会を元気づけようと、香港電影工作者總會が企画したキャンペーン「1:99電影行動」。映画監督15人によるショートフィルム11編は、いずれも香港市民を励ます内容のものだ。香港特別区政府も支持するこのキャンペーンは非営利で運営され、経費を除いた後の収益は慈善団体に寄付される。
大部分の作品は、楽観的に人生を見据え、香港人同士手を携えて頑張ろうと呼びかけるもので、それぞれが様々なメディアで放映され好評を得ている。中でも徐克(ツイ・ハーク)による「信不信由[イ尓]」は、香港の老舗マンガの登場人物、老夫子と大蕃薯らが登場、香港市民にとっては馴染み深い作品となっている。このほか、どの作品も各監督の個性が強烈に反映されているので、出演者リストを見なくても出演者が予想できるほど。 (yesasiaより) レスリーのバースデーにはこの作品をと思って観ました。
2003年、レスリーが亡くなった年に香港にSARSが流行し、香港を元気づけようと香港の映画界の人々や明星たちが立ち上がって作ったこの作品。

この映画は1本1本はとても短いショートフィルムになっていて全作品を集めても30分を満たない長さですが、この短い時間の中に詰め込まれたメッセージがとても温かいものとなってます。
この映画はメイキングが付いていてそちらの方が本編より長いという。そのメイキングも合わせて観るとよりこの作品の良さが伝わってくると思います。
メイキングの冒頭で2003年の香港電影金像奨の司会をつとめたエリック・ツァンがレスリーについて少し触れています。このエリックの言葉がとても勇気付けられるんです。
その他にもメイキングの中で監督のインタビューやちらっとだけチャウ・シンチーの監督振りを見ることができます。

本編の中では特に好きなのがやっぱりトニーさん出演の「2003年春・追想」ですね。私のお気に入りのピーター・チャン監督だけあって、台詞がまったくなくても雰囲気がとても伝わってきます。トニーさんの表情がまたいい。悲しみから希望へと変わっていく流れがとても胸を打ちます。
その他にも「Mr.BOO!」のパロディの「狂想曲」やアンソニー・ウォンとかわいい少年の親子がとても素敵な「飛んでる家族」も良いですね~。
「狂想曲」ではアンディさんやサミー、チンワンさんも出ていて「新世紀Mr.BOO!」のパロディも含み「大英雄」の曲を歌っていて楽しそう~。ラム・シューもいつもながらにいい味出してます~。
あと、シンチーさんの監督作品もチャウ・シンチーカラーが出ていて面白いです。
他にもたくさんの明星がでていて、落ち込んだときにこの映画を観たら勇気付けられるんじゃないかな。そんなパワーをくれる映画です。

レスリーが生きていたらきっとレスリーもこの映画に参加しただろうなって思います。
そう、過去にも香港明星がたくさん参加しレスリーが出演したチャリティー映画がありました。『豪門夜宴』という作品で日本では未公開です。
DVD化もされていない映画なので観るのはかなり難しいみたいです。ぜひこういう作品こそDVD化して欲しいですよね。
この映画は『たのみこむ』(←クリック)で投票してDVD化を実現させる運動が出ています。ぜひこの映画も日本公開されるようにぜひ1票投票してみてください。私も入れてきました。
スポンサーサイト

<< 「恋はマジック」 | ホーム | 「男たちの挽歌?」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。