プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エンター・ザ・フェニックス」

エンター・ザ・フェニックス

「大[イ老]愛美麗」
監督: 馮徳倫(スティーヴン・フォン)
出演: 呉彦祖(ダニエル・ウー)、 陳奕迅(イーソン・チャン)
莫文蔚(カレン・モク)、 馮徳倫(スティーヴン・フォン)
杜汶澤(チャップマン・トウ)、 羅家英(ロー・ガーイン)
元彪(ユン・ピョウ)、 謝霆鋒(ニコラス・ツェー)
李燦森(サム・リー)、 鄭秀文(サミー・チェン)
成龍(ジャッキー・チェン)

<あらすじ>
香港裏社会を牛耳るマフィアの首領が亡くなった。慌てふためく子分たちは、親元を離れタイで一人暮らしをしていた息子ジョージを連れ戻し、彼を首領に据えることを決める。ところが、子分たちはジョージのルームメイト、サムをジョージと勘違いし跡取りを依頼してしまう。マフィアの首領になることが夢だったサムはすっかり上機嫌。一方、ある秘密を抱えたジョージもそのほうが好都合と、サムの偽装を黙認、彼の付き添いとして香港へと戻ってくるのだったが…。(allcinema解説より) 『ドラゴン・プロジェクト』と同時にミニシアターで観てきました。同じくジャッキー・チェン製作でスティーブン・フォンが監督です。
ストーリーはどちらかというとこっちの方が好きですねぇ。

あらすじにはなぜか書いてませんがこの映画の中でのダニエル・ウーが演じるジョージは実はゲイという役。もうこの設定からして私好みなんですけど(爆)それを聞いてどうしても思い出すのが、ステ君とダニエル君共演の『美少年の恋』。その二人が出ているだけあってなにやら妖しげなシーンが出てくるのかなぁ♪とかおバカな期待をしたりしてしまいました~。
でもこの映画はそもそも設定がちがうのでそれはありえないわけですが、それでもゲイというだけで嬉しくなってしまいます(←こらっ)。

やっぱダニエル君はカッコ良いですね~。背が高くて男前で、もうそれだけで絵になります。すみませんミーハーで(^^;)
いや、ダニエル君だけでなくその他のキャスティングも豪華です(←すかさずフォロー)
チャップマン・トウとロー・ガーインの親子のコンビも最高ですね。この二人のシーンは常に大笑いでした。
イーソン・チャンは本来は歌手の方なんですよね?なんだか彼ってとても個性的というか、演技をしている姿は初めてなので普通に今風の兄ちゃんという感じで驚きました。
カレン・モクも姐さん的な役がピッタリですね。
そしてステ君は今回はとてもクール。内に秘めたような演技がとても渋くほとんど笑顔を見せない役は意外でした。なにもそこまで恨まなくてもって思ってしまうほど。
ラストシーンでのダニエル君との闘いは見ものです。さすがは香港映画、アクションシーンは長く迫力も違います。これでもかってなぐらい。格闘し合うのが嬉しいですねぇ。日本刀のようなもので闘うダニエル君もカッコ良かった~。

他にも友情出演でいろんな方が出てました。ダニエル君の父親役のユン・ピョウやニコも出てましたよね。なんの役だったか良くわからないんですけど、あのニコがなんだかとっても情けない役だったってことだけは覚えてます。友情出演でここまでやるとはなかなか。サミー・チェンもチョイ役でしたが出てました。そして一番美味しかったのがジャッキー・チェン。最後の最後に一番いいところを持ってってましたぁ。
あと、忘れてならないのが(忘れてた^^;)サム・リーです、なんだか思いっきり取ってつけたようなゲイっぷりでダニエル君にアプローチをかけてましたねぇ。もうこのお方の存在はいつも味があって大好きです~。

この映画は黒社会が舞台になってますが、人との心のすれ違いや、親子の愛をテーマにした映画なんだなぁって気づきました。内容はほとんどコメディですが、ストーリーはとても良いです。
スポンサーサイト

<< 「愛と死の間で」 | ホーム | 「ドラゴン・プロジェクト」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。