プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛と死の間で」

愛と死の間で「再説一次我愛[イ尓]」
2005年 香港
監督: 余偉國(ダニエル・ユー)
製作総指揮: 劉徳華(アンディ・ラウ)
出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)
楊采(チャーリー・ヤン)
蔡卓妍(シャーリーン・チョイ)
林雪(ラム・シュー)
許紹雄(ホイ・シウホン)
黄淑儀(ジジ・ウォン)
黄秋生(アンソニー・ウォン)



<あらすじ>
そしてある日、コウが夕食の約束を果たせず、一人で帰宅することになったチーチンが事故に遭い、帰らぬ人となってしまう。以来、コウは深い悲しみと罪の意識を背負い、医師を辞め、救急隊員として働き始める。そんなある日、交通事故の現場で車の中に閉じ込められたユンサムの救急処置を施した彼は、彼女の胸の鼓動に特別なものを感じる。その後コウは、ユンサムの主治医から、彼女の心臓が亡き妻チーチンから移植されたものだということを聞き出す。(allcinema解説より) こちらもミニシアター系の映画館で観に行ってきました。
この映画はひとことでは語れないです。感想をいろいろ語ろうと思うとネタバレになってしまうんですが、今回は語らせてください!
ということでネタバレありの感想でお送りするのでまだこの映画を見ていない方は注意してくださいね。

最初にこの映画の告知でアンディさんが一人二役を演じるというのを耳にしてしまったので、ずっと私がイメージしていたストーリーと少し違っていてすぐには映画の世界に入り込めなかったです(^^;)
私が考えていたのは、アンディさんは二人の女性それぞれの恋人であって別々の男性を演じ(そこまでは合ってる)なおかつ二人は良く似ているのではなくて、どちらかが死んでいてそれぞれ別の男性をアンディさんが一人で演じているような、そんな内容なのかな?って(←勝手に)思ってました。
でも実際は二人とも生きていて顔がそっくりさんという設定だったんです。でもそれがこの映画のもっとも重要な鍵を握ることになるわけですが。

妻を突然の事故で亡くし、生前になにもして上げられなかったことを後悔するコウ(アンディ・ラウ)は妻のチーチン(シャーリーン・チョイ)の死をずっと受け入れられずに、妻の死後から毎日同じような空しい生活を送っている。そんなところへ偶然、彼の前に亡き妻の心臓を移植した女性ユンサム(チャーリー・ヤン)が現れる。その偶然の出会いは、まるで神様が彼に妻に出来なかったことの償いをさせてあげる時間を与えてくれたようで悲しくて切ないけれどとても幸せな時間だった。

この二人が過ごす時間のシーンに入る前に、ユンサムが旦那様であるデレク(アンディ・ラウ)と喧嘩をして彼を追い出してしまったことを後になって激しく後悔し、とても寂しい思いをしているところへ突然、目の前に出て行ったはずのデレクが現れますよね。最初はこのデレクが実はコウだったってことに気が付くまでにかなり時間を要してしまったんです。
コウだと気が付いたのはクリスマスのシーンあたりから。デレクの行動がコウとまったく同じで、ええ?そうなのぉ?ってなったんですけど、それがわかった瞬間のなんとも言えない切ない気持ち。生きているあいだにしてあげられなかったことを、ここまでして果たそうとするコウの気持ちがとても伝わってきて思わず涙がこぼれました。なんて、なんて切ないのぉ~!
コウがデレクを演じているのにすぐに気づかなかった人って絶対に多いはず。だからこそこの映画の良さが伝わってくるわけで、これは監督の狙いなんでしょうかね。
しかしやられました~。この髭を生やしたアンディさんにも(爆)あんなふうに見つめられ愛される女性が羨ましいです。

妻の死に立ち会うことが出来なかったコウのエピソードとユンサムが危篤状態になるところでオーバーラップするシーンはコウの感情が痛いほど伝わってきてとてもつらくなりました。
そしてラストのオレンジを食べながらユンサムの残した手帳をコウが読むシーン。すべてはここで救われるんですね、とっても感動しました。
私は過去に自分の大切な人を亡くした経験がないので、彼らの悲しみ全てがわかるわけではないのですが、人間の命って本当に尊いんだなぁって感じました。

キャスティングもそれぞれが光っていてとても良いですね。シャーリン・チョイはとても健気で可愛らしく、さりげなく旦那様にアピールする姿がとてもいじらしいです。とっても女の子だなぁって。
チャーリー・ヤンは大人の美しい女性といった感じで儚げで可憐な感じがしますね。
その他にもコウの同僚役としてラム・シューがまたまた良い味を出してていて、チーチンの父親役としてホイ・シウホンも熱演しておりました。この二人の出番があるとつい嬉しくなります~。
アンソニー・ウォンもなぜに蝶ネクタイ?ということは気にせずに(おいっ)友情出演されてましたぁ。アンソニーさんはやっぱ存在感が違いますね~。
そしてアンディさんが演じる二人の男はそれぞれにカッコ良さが際立ってましたね。カリスマ美容師のアンディさんもいいっす(爆)今までにないちょっとクール?というかイケてる兄ちゃんでしたよね。どちらかというとお医者様の正統派な感じの方がアンディさんっぽいというか。
どっちも素敵でした~(←結局そこ^^)
スポンサーサイト

<< しばらく更新をお休みします | ホーム | 「エンター・ザ・フェニックス」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。