プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ディパーテッド」

ディパーテッド (期間限定版) ディパーテッド (期間限定版)
レオナルド・ディカプリオ (2007/06/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

「THE DEPARTED」
2006年 アメリカ
監督: マーティン・スコセッシ
出演: レオナルド・ディカプリオ、 マット・デイモン
ジャック・ニコルソン、 マーク・ウォールバーグ
マーティン・シーン、 レイ・ウィンストン
ヴェラ・ファーミガ、 アレック・ボールドウィン
アンソニー・アンダーソン

<あらすじ>
マサチューセッツ州ボストン。犯罪組織との繋がりを持つ自らの生い立ちと決別すべく警察官を志したビリー・コスティガン。一方、マフィアのボス、コステロによって育てられ、スパイとなるべく警察に送り込まれたコリン・サリバン。同じ警察学校に学んだ2人は、互いの存在を知らぬまま、共に優秀な成績で卒業する。やがて、コリンはマフィア撲滅の最前線に立つ特別捜査班に抜擢され、コステロを標的とした捜査活動に加わる。一方ビリーは、その優秀さを買われ、マフィアを内部から突き崩すべくコステロのもとへ潜入するという極秘任務を命じられるのだった。こうして、それぞれに緊張の二重生活を送るビリーとコリンだったが、ついに警察、マフィア双方ともに内通者の存在をかぎつけ、いよいよ2人は窮地に追い込まれていく…。(allcinema解説より)
観に行ってきました~。ここ最近、洋画はとんとご無沙汰で劇場に観に行くのも何年ぶりかと思っていたら去年『ブロークバック・マウンテン』を観に行ったのでそんなにご無沙汰でもなかったです。でも前より見る本数は減りましたね~やっぱり中華ものが響いてます(^^)
でもこの作品だけは観ておかねば!と思い行ってきました。
ここからの感想はネタバレありでいきますのでまだ観ていない方はご注意を。

観る前から余計な先入観は入れたくないと思っていてもやっぱり『インファナル・アフェア』のリメイクってことで、どうしても本家と比べて観てしまうわけで、そのへんはぬぐいきれなかったですね~。
まずキャラクターですが、主役の2人、マット・デイモンとレオナルド・ディカプリオ、第一印象は若い!って思いました。トニーさんやアンディさんに比べると少し初々しさが出ているというか、大人の渋さはなかったですね。逆にジャック・ニコルソンが貫禄ありすぎ。あまりにも存在が強すぎて主役2人の男の物語なはずが3人が主役のようでした。逆に『インファ』では警察側のキャラクターも存在を強く出していたのにそこは弱かったかなって思います。アンソニー・ウォンみたいなマフィアに対等に渡り合える人がいなかったかなって。
でもそれは『インファ』を基準に考えた場合なんで『ディパーテッド』を別の物語だと思って見てみたらさほど気にならないんでしょうね。

ストーリーは『インファ』のシナリオに沿ってて描いている部分もあればハリウッドっぽくなっている部分もあってそれなりに楽しめました。
ディカプリオはどうなんでしょう?いまひとつ感情移入できなかったです。マット・デイモンのほうがまだ良かったかな。うまく二面性を出せていたし。
唯一のヒロインの女性は一人で二役をこなしてましたね。二人の男が一人の女性に魅かれるという筋書きはけっこうありな感じで良いのではないかと。ラブシーンもそれぞれにあってやっぱりそこはハリウッド映画だなって思いました。
難をいうと台詞がときどき下品というか、そういうのはハリウッドでは当たり前なんですかね、R-15指定も付いてましたし。
あとラストシーン、あれにはちょっとびっくりでした。『インファ』と比べてはいけないんでしょうけど突然のことで「えぇ??」という感じ。でもストーリーとしてはそれでいいのかな?うーん。
全体的にはスピード感があってスリリングでけっこう良かったです。でも私の中では『インファ』を超えることはなかったかな。
『インファ』を知らずに観たらどういう見方になったかそこが知りたいところですけど、それは一生かないませんね~。

そいういえばこの「ディパーテッド」がアカデミーショーで作品賞を取ったそうですね。それはそれで香港映画も評価されたようでちょっと嬉しいです。
スポンサーサイト

<< 「愛さずにいられない」 | ホーム | 今度こそ…復活です! >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。