プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エレクション」

黒社会
黒社會(yesasia.com)

「黒社會」
2005年 香港
監督: 杜峰(ジョニー・トー)
出演: 任達華(サイモン・ヤム)、 梁家輝(レオン・カーフェイ)
古天樂(ルイス・クー)、 張家輝(ニック・チョン) 
林家棟(ラム・カートン)、 林雪(ラム・シュー)
張兆輝(チョン・シウファイ)、 邵美(マギー・シュー) 
王天林(ウォン・ティンラム)、 姜大衛(デビット・チャン)

<あらすじ>
2年に一度行われる、香港最大のマフィア組織「和聯勝」の会長選挙。今回は2つの大きな地域を牛耳る阿樂(サイモン・ヤム)と大D(レオン・カーファイ)の争いとなった。金を使って強引に票を得ようとする大Dに対し、冷静沈着に物事を進める阿樂。その結果、組織の幹部たちは阿樂を次期会長に選出する。憤慨した大Dは、金を受け取ったにも関わらず裏切った幹部たちを血祭りに上げ、会長就任に不可欠な最高権力者のシンボル「龍頭棍」の強奪を計画。阿樂はこれを阻止するべく、ジミー(ルイス・クー)らを差し向ける。そこに、他のボスの部下であるジェット(ニック・チョン)らも参入して、事態は激化してゆく。(yesasiaより) ついに観に行って来ました~。いろんな意味で楽しみだったこの作品。映画館まで足を運んだ甲斐がありました。
正直、どうレビューしたらいいか…いや、いろいろと衝撃があったので。もしかしたらネタバレになるかも知れませんのでご注意を。

まず映画館で観て良かったなぁと思ったのが“音”の迫力のですね。やっぱりあれだけの大音響は普通にDVDを観ていたら体感することはできないですもんね。
いつも思うのですがトー監督の映画はBGMがカッコ良いです♪なんだか独特なものがあります。ちょっとレトロというかエスニックとも違うかな?ギターのような弦をはじいた楽器のメロディがこの映画の独特の世界観を作り上げているというか。音楽が流れてくるだけで観ていてワクワクします。
あともう一つ思ったのが照明の使い方。明暗をはっきりさせていて暗いところは本当に暗い。普通ならどんなに暗くても役者の顔ははっきりしていることが多いのにこの作品では半分以上見えていなくて、ほとんど姿かたちと声だけ。でも逆にそれがこの黒社会の脅威を映し出しているようでその世界にどんどん引き込まれていきました。

この映画を観た方ならわかると思いますが、やっぱり最初に度肝を抜かれるのがニック・チョンがレンゲをバリバリと食べちゃうところ。しかもちょっとかじるのではなく最後までボリボリと残さず完食。ここでもう彼のキャラクターが確立されてます。あの挑戦的な目がすごい。

そしてサイモン・ヤムとレオン・カーフェイの二人を中心に会長の座をめぐって争いが始まるわけですが、それぞれの組織の幹部やボスが絡んでキャストも多く、話しについていくのに必死になっちゃいました。
これは一回観ただけでは全てを理解できませんね。どの人が誰のボスなのかも良くわからなかったり(汗)
ただ、それぞれのキャラが活かされていて、ヤムさんもカーフェイさんも存在感が抜群ですごい迫力でした。この二人の駆け引きも見ものです。

“龍頭棍”をめぐっての強奪戦も面白かったです。最初はラム・シューの手に渡り、組の掟は絶対だといわんばかりに命がけで守る。ラムさんらしいです(^^)。そして次に手に渡ったのがカートンさん、携帯でのやりとりが笑えました。車で敵から逃げ切り、バイクでさっそうと現れたニック・チョンへ、それを車でしつこく追いかける人物が誰なのか最初はわからずにドキドキしましたね~。

格闘シーンも銃撃戦ではなく棒や鉈を使っていて、痛みがリアルに伝わってきて目を覆いたくなるようなシーンもありましたが、嫌じゃなかったです。香港の黒社会ってこういうものなのかなと。ずっと昔から引き継がれた伝統というものがずしっと重くのしかかっているような気がしました。あの9人で誓いを立てるシーンとか黒社会のすごさを感じますね。

この映画を見て思ったんですが、ヤムさんやカーフェイさん、さらに上のボスたちがいることで、その下のルイス・クーやニック・チョン、ラム・カートンが完全に若手の部類に入ってます。若手でもないと思うのにこの中では若手になっちゃう。渋い世界です(^^)
ついミーハー視点で見てしまって若手メンバーばかりに注目してしまいました。ルイス・クーのクールで頭の切れるタイプという感じがとてもはまってますね。私としてはコメディの彼よりもクールな感じのほうが好きかも。こっちの方が絶対に彼の良さが引き出されているような気がします。普通の顔してボッコボコに蹴りまくる姿はかなり頼もしかったです(←おいっ)
でもってニック・チョン、あの攻撃的な性格が良いですね~。かなり気に入りました。でもってさりげなく良い味を出していたカートンさん。今後にも期待したいです。

で、物語のラストはかなりの衝撃でした。これって絶対にパート2を前提にしてますよね。このまま終わるわけないはず。絶対に『エレクション2』も観てみたいです。
全体を通してワクワク感とドキドキ感が止まらなくて、観終わった後のざわざわとした感じ。ジョニー・トーワールドははまったら抜け出せませんね。
スポンサーサイト

<< 「プロジェクトBB」 | ホーム | 「殺之戀」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。