プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デッドエンド 暗戦リターンズ」

デッドエンド
デッドエンド 暗戦リターンズ / ラウ・チンワン

「暗戦2」
2001年 香港
監督: 杜峰(ジョニー・トー)、 羅永昌(ロー・ウィンチョン)
出演: 劉青雲(ラウ・チンワン)、 鄭伊健(イーキン・チェン)
林熙蕾(ケリー・リン)、 黄卓玲(ルビー・ウォン)
許紹雄(ホイ・シウホン)、 林雪(ラム・シュー)

<解説とあらすじ>
前作が好評を博したアクション刑事ドラマ「暗戦」シリーズの第2弾。前作にも出演していたラウ・チンワンが犯人逮捕に生命とプライドを賭ける刑事を再び演じている。国際強盗犯の逮捕に2度失敗し、もう後がないホー刑事に三たび逮捕のチャンスが訪れるが…。(amazonレビューより)
この作品でひとまずラウ・チンワン特集はラストです。ほんとは他にもいろいろあるんですが、全部出してしまうのはもったいないので(^^)この辺で終わりにしたいと思います~。

暗戦2初めてこの映画を観たときは、前作の『暗戦 デッドエンド』と比べてしまって、ちょっと物足りなさを感じてしまったんですが、今回2度目の鑑賞で新たにこの作品の良さを発見しました。
確かにアンディさんの『暗戦』の方が犯人が余命わずかということもあり、とても切なく、それに対する交渉人のチンワンさんに華々しく散る手助けをしてもらったという感じで、ストーリーも完璧で素晴らしい作品でした。
でもこの『暗戦2』はなんだか全体を通してゲーム感覚で、切なさやスリルは少ないけど、次に何が起こるのかという楽しみが出てきてワクワクしっぱなしでした。
そして、チンワンさん扮する交渉人の新たなライバルがイーキン・チェン。彼の甘~いマスクで、つかみどころがなくとっても余裕のある感じが良いです。
彼に振り回されっぱなしのチンワンさんもなかなか(^^)しかしチンワンさんも負けじと反撃します。今回も先へ先へと読みを当てて余裕を見せる姿が頼もしい♪
イーキンがコンドル(鷹)をペットのように扱い、自分のいる場所をそのコンドルを使って、追いかける警察を振り回す。ビルの屋上に立ってみんなが野鳥の会のように双眼鏡を覗く姿はかなり“こっけい”でした。
イーキンが仕掛けるゲームに振り回されながらも彼を必死に捕まえようとするチンワンさんが見ものです。中でも二人の追いかけっこがお気に入り(^^)
車でスタートし、途中で立ち往生、しかたなく走って追いかけ、自転車に乗ってまた追いかける。さらに自転車が車に挟まり、それを無理やり引っ張り出してまたがったら、車輪が外れてタイヤがコロコロと転がる。しかもズボンはボロボロで足は擦りむきもう大笑い(^^)
本来なら犯人を追いかけるために真剣にならなきゃいけないのになぜか、余裕が感じられる。犯人と一緒にゲーム感覚でやってるみたいな。

暗戦トー監督常連の脇を固める俳優陣も良いですねぇ。今回もダメダメ上司役のホイ・シウホン、勝手に口を挟んで墓穴を掘るおじさん、いるいる。毎回、チンワンさんにダメ出しをされているのにもかかわらず同じことを繰り返しちゃう。憎めないおやじです。
そして、この映画の見せ場ともなるシーンがイーキンとラム・シューのコインの当て合い。と言っても一方的にイーキンのひっくり返したコインをラム・シューが当てるというものなんですが、毎回、裏を選び表が出てしまい、それを何度も何度も繰り返す。どんなにやっても表。なんでかたくなに裏を選ぶのか。ただ、コインを当てるだけなのに必死になるラム・シューになんだか引き付けられました。不思議なシーンです。
そして今回も音楽がいいですね。必死になってやっている時にバックで流れるBGMがとても壮大でちぐはぐな感じが気持ちを和らげるというか。

ところで話は変わりますが、この『暗戦2』の香港版のポスターが好きです。お二人が双眼鏡を覗いた姿がなかなかオシャレですよね。
日本のジャケットもこれにしたら良かったのに。でもこの二人が誰かわからなくなるから難しいのかな。
ちなみにこの2枚目がパート1の『暗戦』ポスターです。こちらも二人が目隠しして、映画の雰囲気が出ていていいですねぇ。
この『暗戦』シリーズが私の中でお気に入りとなりました♪
スポンサーサイト

<< 「私の中に誰かがいる」 | ホーム | 「デッドポイント~黒社会捜査線~」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。