プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「傷だらけの男たち」

傷だらけの男たち

「傷城」
2006年 香港
監督: 劉偉強(アンドリュー・ラウ) 麥兆輝(アラン・マック)
出演: 梁朝偉(トニー・レオン)、 金城武
徐静蕾(シュー・ジンレイ)、 舒淇(スー・チー)
杜汶澤(チャップマン・トウ)、 黄伊文(エミー・ウォン)
陳寶轅(リッキー・チャン)、 尹揚明(ビンセント・ワン)

<あらすじ>
2003年のクリスマス。刑事ポンと彼の親友でもある上司ヘイは、かねてから追跡していた連続殺人犯をついに逮捕する。だがその夜、ポンが帰宅すると、そこには既に息絶えた恋人の姿があった。しかも彼女は身籠もっていた。3年後、ポンは私立探偵に転職するも未だ恋人の死から立ち直れず、酒に身を任せる日々を送っていた。一方、ヘイは香港の億万長者チャウの一人娘スクツァンと幸せな新婚生活を送っていた。そんなある日、チャウと執事が何者かに惨殺される。その犯人は間もなく死体で発見され、事件は金品目当ての強盗殺人として解決するかにみえた。だが、事件には不可解な点がいくつも残り、スクツァンはポンに協力を依頼。そして調査を進めるうち、意外な人物が捜査線上に浮上する…。(allcinema解説より)
待ちに待ったトニーさんの新作映画!ということで観に行ってきました~。
観る前からできるだけ情報を入れたくなくてメディアも見ないようにしていたんですが、ジャパンプレミアの告知でトニーさんが悪役だと知り、どんなものかと期待して観てしまいました。
以下、感想はネタバレも含まれると思うのでまだ観ていない方はご注意を。

この映画の公開が決まったときにずっと時期が合わないんじゃないかなって思っていたのですが、それはたまたま観た撮影風景がクリスマスだったためで、いざ観てみると中心となる舞台は夏だったと知り7月公開がピッタリだったんだなって納得しました。
そしてサスペンス映画ということでしたが、この映画は簡単に謎解きのミステリーではないんだということもわかりました。たぶんそれを期待して観に行った人にとってはちょっと物足りないかもしれないです。この映画が伝えようとしていることはもっと奥深くにあるんじゃないかと。

傷城01

物語は2003年のクリスマスから始まります。のっけからトニーさんがかなり暴力的な刑事だというインパクトを与えられます。普通の顔して犯人をボコボコにしてしまう姿はちょっと『ロンゲストナイト』を思い出しましたが、それよりも冷徹な感じ。
そして、金城武扮するポンの彼女が自殺をはかり、そこから彼の苦しみが始まるわけです。
映画を観ているときは気が付かなかったんですが、あとでパンフレットを読んでいたら2003年は香港にとっても悲しい出来事の多い年だったんだなって気付きました。この『傷だらけの男たち』の現代『傷城』は『傷ついた街』という意味だそうです。アンドリュー・ラウ監督がこの映画は「香港そのものを象徴している」と語っていたのを聞いて、なんだかとても感慨深い気持ちになりました。
邦題のとおり『傷ついた男たち』の物語ですが、ただそれだけではなかったわけですね。

傷城02

正直言うと前半はストーリーについていくのがやっとで事件の容疑者や被害者がチョンやらキョンやらと似た名前が多く、誰が誰だかさっぱり(^^;なので主人公の二人になかなか感情移入できずに、第3者的な立場で観てしまいました。
この映画は1度観ただけですべてを理解するのは難しいかもです。実は私はこの映画の香港版を持ってまして、もう一度気になったシーンを観直してみました。

今回、悪役を演じたトニーさんですが、いきなり殺人現場を見せられたときは驚きました。普通のミステリーなら最後まで犯人は明かさないほうが面白いと思うのに、見るものの目には彼がやったのか?って思わせる。なぜ最初に見せてしまったのかそれが気になりました。あとになって考えてみたら、彼がどうしてそんな行動に出たのか、それには深い理由があったんじゃないかと。ただの悪人ではなく彼もまた傷ついた心を持ち、その心を癒すはけ口をどこかで間違ってしまった。狂ってしまった歯車を元に戻すことができず、気が付いたときはすでに遅すぎた。彼の心は一度でも救われることがあったんでしょうか。悲しいです…。

傷城04

やっぱりトニーさんはすごいですね~演技にベテランの域を感じました。インファで見せたトニーさんとはまた違って落ち着きがあるというか、とっても冷静で冷ややかな目にドキドキしっぱなしでした♪やっぱ存在感が違いますね。正直、ミーハー視点で見ていた部分が多々あります。ほぼトニーさんに釘付け(爆)それだけにラストはとてもつらく悲しかったです。

そしてトニーさんと共演した金城君、彼にはやっぱりほんわかした雰囲気がありますね~。飾り気のない自然な笑顔。場の雰囲気を和ませるというか。傷つき酒に溺れるシーンではホントにお酒を飲んでいたそうですね。トニーさんとの共演も良い感じで、『赤壁』に期待が持てそうです。

傷城03

スー・チーはやっぱり存在そのものが癒し的な感じで彼女の独特の雰囲気がいいです。ジャラジャラと音がする鍵を付けていてそれがアクセントになってました。
シュー・ジンレイさんは広東語が話せない中、自然に演じておられましたね~。羨ましいぐらい(←おいっ)あとチャッピーもさすが、いつものおとぼけ役というか好きですね~彼の演技。サスペンスなはずなのに笑えてしまいます。
この豪華キャスティングで観なきゃ損ですよ~。これは1度は観る価値のある映画だと思います。
ただ、またインファに続きハリウッドがリメイクするそうですが、これ以上の映画ができるかどうか期待がもてないんですけど。
スポンサーサイト

<< 「亞飛與亞基~錯在黒社会的日子」 | ホーム | ハッピーバースデー♪ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。