プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「亞飛與亞基~錯在黒社会的日子」

亜飛亜基

1992年 香港
監督: 柯受良(ブラッキー・コー)
出演: 梁朝偉(トニー・レオン)
張學友(ジャッキー・チュン)
曾志偉(エリック・ツァン)
袁詠儀(アニタ・ユン)
湯鎮業(ケン・トン)

<あらすじ>
阿飛(トニー・レオン)はヤクザ一家で育った。阿基(ジャッキー・チュン)は阿飛に出会って以来、20年近く相棒として黒社会で生きているが、仕えたボスが次々と殺されてしまう。「二人が属する組のボスは死ぬ」という噂が流れ誰も彼らを雇わなくなる。仕方なく旧友に金を借りて、売春斡旋業の会社を設立する。そこにシンガポールからモデル志望の阿真がやって来る。阿飛は阿基に頼まれて阿真と同居することになった。そこに黒社会の大物、關公が超能力者の予言で彼らを手下にしたいと言ってきた……。(フェイス トニー・レオンより)
亜飛亜基01

ずーっと観たいと思っていた映画でした~。もちろん日本未公開。この映画は今は廃盤となってしまってなかなか手に入らない作品でVCDを見つけたときはおもわず手が出てしまいました。
なぜにずっと観たかったかというと、学友さんとの共演でしかもコメディーだなんて面白そうじゃないですか~。二人の共演といえば『ワイルド・ブリッド』の他に『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3』、『大英雄』とありまりすが、この二人が絡むと楽しくて(^^)なので中文字幕を承知でちんぷんかんぷんなままの鑑賞となりました。
あらすじは前もってネットやなんやらで調べていたのでおおよそは理解できたんですが細かい部分はギブアップ。というわけでレビューに間違いがあるかも知れませんがそこんとこはあしからずということで。

この映画はシンチーさんと学友さんの『カリー&ペッパー』を製作するときに本当はトニーさんを起用したかったらしく、当時スケジュールが合わなかったため急遽シンチーさんを起用したのだとか。
それでその映画が好評だったため続編を作ることになり、なら最初に予定していた二人でってことで作られたのだそう。トニーさんと学友さんの『カリー&ペッパー』が実現してたらどんなものになっていたんでしょうね~。

亜飛亜基02

もうのっけからなにやら楽しそうです。今から他の組との抗争のため、カゴいっぱいに武器に使う鉈を入れて運んでいると警察に止められ職務質問を受けるんです(1枚目の画像がそれ)。なんとか切り抜けて現場に駆けつけるも、カゴに入った鉈は同じ組仲間にほとんど持っていかれ残ったのはバターナイフと缶切り(笑)それを片手に挑むものの相手にされるわけもなくそのまま後ずさりして後ろのほうでちっちゃく戦うフリをする二人。要領いいんだか情けないんだか。でも二人のその姿が面白い~。
亜飛亜基03亜飛亜基04
(画像をクリックすると少し大きめのものが見れます)
二人の旧友役としてエリックのとっつあんも出てきます。最初はチョイ役で出てるのかなって思ったらこれが後で大活躍。
右の画像ではなにやら冷凍室のようなところで氷職人?のような人にいきなり文句をつける二人。格好が上半身裸なもんだからあっという間にマンガみたいに真っ白に。笑えます(^^)

亜飛亜基05亜飛亜基06
そして黒社会の大物のボス役としてケン・トンが怪演(笑)とヒロイン役にこの映画でデビューとなったまだまだ初々しいアニタ・ユンの姿が。

亜飛亜基07

あらすじにあるように阿飛の住むアパートに同居することになった阿真(アニタ・ユン)だけどほとんど映画の中では阿基も共に部屋で過ごしているんで二人と同居しているみたいなものです。ところがある日酒の勢いで阿飛が阿真に手を出してしまうんですね。
翌朝、ことの事態の大きさに気付いた阿飛はあわてるんですが、そのときもうすでに阿真の姿はなく壁にルージュで別れの伝言を残していくんです。それを読んだ阿基は二人の間に何があったのか気づくんですが、阿飛と絶交するわけでもなく二人仲良く壁のルージュをペンキで塗りつぶすんです。それで今回のことは水に流そうみたいな。なんだか微笑ましくて素敵でした。

亜飛亜基08

そして話は思わぬ方向へ。ヤクザの大物ボスに雇われた二人はボスの命令によりある死体をバラバラにして海に沈める仕事を引き受けるわけですが、二人は死体を切り刻む勇気もなくそのまま海へと投げ捨ててしまいます。案の定、数日後にその死体は発見され、それを知ったボスに命を狙われるはめに。
そこで再登場したのがエリックのとっつあん。どこから持ってきたのか大量の武器と防御服を二人に渡し、それでボスと対決することに。
『カリー&ペッパー』のときはブラッキー・コーが不死身でよみがえりしつこく追いかけて来ましたが、今回はケン・トンがすごい強いのなんのって。この役よく引き受けたな(←こらっ)…じゃなかったとにかくサイボーグみたいに銃で撃たれても立ち上がってくる。必死に対抗するも拳銃も最後の弾を使いきり絶体絶命のピーンチ!と思ったらこれまたエリックのとっつあんが大活躍。なかなかのものでした。

全体的には肩の力を入れずに楽しんで観れる映画だと思います。トニーさんも学友さんも若くて可愛いし。トニーさんはどっちかというと学友さんより要領のいいタイプで学友さんを引っ張っていき、嫌なことは彼にやらせるという。そんな学友さんは優しくて友達思いで、好きな子に手を出されても許してしまうなんてなんていいやつなんだ~って同情しちゃうくらい。やっぱりこの二人の共演は最高でした~♪
ただやっぱり言葉が理解できたらもっと面白かったんだろうな~。まだまだ勉強が必要だ。
スポンサーサイト

<< 「ゴッド・ギャンブラー ツインズ大作戦」 | ホーム | 「傷だらけの男たち」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。