プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴッド・ギャンブラー リターンズ」

リターンズ

「賭聖廷続篇賭覇」
1991年 香港
監督: 劉鎮偉(ジェフ・ラウ)、 元奎(ユン・ケイ)
出演: 梅艶芳(アニタ・ムイ)、 鄭裕玲(ドゥドゥ・チェン)
呉孟達(ン・マンタ)、 鐘鎭濤(ケニー・ビー)
呉君如(サンドラ・ン)、 元奎(ユン・ケイ)
劉鎮偉(ジェフ・ラウ)、 周星馳(チャウ・シンチー)

<あらすじ>
信じられないほどの強運のを持つ女ギャンブラーが、暗黒街のドンに狙われるアクション。メイは、弟を中国に連れ戻すため、はるばる香港までやってきた。彼女は叔父を訪ねるが、ギャンブル狂いの彼はメイにギャンブル大会に一緒に参加しようと言いはじめる。が、メイはそれを断り、“賭覇”と異名を取る天才女ギャンブラーを自分の代役として出場させる。噂通りの才能で勝ちつづける賭覇だったが、暗黒街のドンが彼女に目をつける(allcinema解説より)
ゴッド・ギャンブラーシリーズに便乗して、ずっと前に観たのにレビューしていなかったこの作品を上げたいと思います。
この映画はゴッド・ギャンブラーシリーズのパロディとして作られたチャウ・シンチーの『賭聖』の続編として作られた作品。

日本版のビデオには思いっきりシンチーさんの写真がピックアップされているので、シンチーさんの登場を期待してレンタルした人には騙された気分になるかも。実際はカメオ出演で登場するのは最初と最後の少しだけ。現に私も初めて観たときは、シンチーさんはいつ出てくるんだろ?って期待しながら最後まで観てしまいました。
正直それを期待していただけにこの映画には物足りなさを感じてしまったんですが、今回レビューするに当たってあらためて観直したら意外と面白かったです。
やっぱり、出演者全員の名前と顔を知ったからでしょうね~。まさか監督自ら映画に出てるなんて思いもよらず。
ジェフ・ラウ監督が台湾のマフィア?で頑なに人とは絶対に目を合わせようとしない変わった役で出てました。あんなに首を上に向けなくても。けっきょく目を合わせちゃうんだから。
ちなみにユン・ケイさんはサンドラ姐の旦那役としてさりげなく出てます。

確かにストーリーはいまひとつ面白みにかけるというか、大爆笑ってほどの笑いは起こらないです。
ドゥドゥ・チェンも一生懸命に賭覇の役を演じてますが、ちょっと痛々しい部分もあったり。相変わらずマンタのおっちゃんは面白いですけどね~。名前を呼ばれると発作を起こしてしまうところも健在でした(笑)

今回はアニタ・ムイがシンチーの姉役として代わりに超能力を発揮し活躍してます。驚いたのはこのアニタの格好がすごくいなかっぺ(笑)なこと。普通のイモくさい姉ちゃんになってました。でも性格はハッキリしていて自分の意志を貫こうとする感じはアニタにピッタリかも。お化粧に興味があるのにないフリをしているところが可愛かったです。アクションシーンもなかなかでございました~。
そうそう、ケニー・ビーも渋くてカッコ良い!大陸出の強盗?で貧しさに悪さをしてしまうちょっとニヒルな男で渋い~。彼の行動パターンがぜんぜん読めなかったです。
あとユン・ワーさんもアニタの師父として出てました。最後のほうで少しだけ活躍していて嬉しかったな~。

ラストは『賭聖』のときと同じく超能力対決となるわけですが、これももう何でもありな感じで超能力を使えない人間にパワーを注入しトランプの絵札を変えるという。騙し合いじゃなくて念力対決になっちゃってます。
でもって最後にシンチーさんの登場。やっぱり彼の存在は欠かせませんね。出てきたときはホッとなりました。

ちなみにこの作品で日本公開されている『ゴッド・ギャンブラー』シリーズは全てレビューを上げました。ってただの自己満足なんですけど。数えたら全部で12本ありました。多いですね~。監督が違ったりしていてもこれだけシリーズ化してしまうところがすごい。やっぱり香港映画ならではですね。
スポンサーサイト

<< 「霊幻道士」 | ホーム | 「ゴッド・ギャンブラー ビギンズ」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。