プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋はあせらず」

恋はあせらず
恋はあせらず(ぽすれん)

「錦繍前程」
1994年 香港
監督: 陳嘉上(ゴードン・チャン)
出演: 張國榮(レスリー・チャン)
梁家輝(レオン・カーフェイ)
關之琳(ロザマンド・クワン)
王敏徳(マイケル・ウォン)

<あらすじ>
"疫病神"と呼ばれるほど無責任でマイペースなウィン(レスリー・チャン)は、会社をクビになったあげく彼女にもふられてしまう。金も底をつき住む場所を失った彼は、友人サン(レオン・カーフェイ)の妹の家に転がり込むことに。サンはミュージシャンを目指して、日々老人ホームでのバイトに精を出す誠実な男だ。そんな彼は、事あるごとにいい加減なウィンの尻拭いをさせられていた。ある日、サンはレストランで会ったウィニー(ロザムンド・クワン)に一目惚れする。それを知ったウィンは、サンを手助けしようとウィニーに近づくが…。(yesasiaより)
こちらもCSで観ました。少しだけ予備知識のため番組説明を読んだらラブコメのような内容が書かれており、あまり期待せず(^^;)観てみることに。

おお?ここにもレオンカー・カーフェイが出ている。彼はレスリーの共演者としてはおなじみの俳優さんですね。そんでもってまたもやレスリーがいい加減な役だ~。しかしレスリーのインテリっぽい七三分けの髪型とメガネはどうなんでしょう。この役ならもうちょっとかっこよく決めても良かったと思うのだけど。
あとヒロイン役で出ている女優さん(ロザムンド・クワン)彼女も最近、観る映画によく出てきます。きれいな人ですよね。ちょっと日本人女性っぽい感じで。
内容はありきたりな感じのラブコメですが、ひとつ気になることがありました。途中、レスリーが鼻歌で口ずさんでいる曲がどこかで聞き覚えのある曲だったんです。日本のカバー曲のような。そう思って観ていたらエンディングテーマ曲で確信しました。これって中村雅俊の「男たちの旅」じゃないかい!(でも歌詞は中国語)なんで~?と疑問が残るまま観終わってしまいました。
このまま消化不良状態では気持ち悪いので調べてみることに。やっぱり日本のドラマ「俺たちの旅」をモチーフに作られた映画ということでした。出演している男性人も4人だし定職にもつかずふらふらした感じや、どん底に陥っても何とかなるさ的な感じは似ているかも。
しかしレスリーはこういう役どころはハマリますねー。もっといい役もたくさんあるのに、こういう役もさらっとこなしてしまうレスリーはさすがですね。
そういやこれも邦題が「レスリー・チャンの恋はあせらず」うーん。このタイトルはどうかと...。
そう、この映画の監督さんは「恋戦。OKINAWA Rendez-vous」の監督さんと同じ人だったんですね。納得。
スポンサーサイト

<< 「ハード・ブラッド」 | ホーム | 「恋戦。OKINAWA Rendez-vous」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。