プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フルタイム・キラー」

フルタイム・キラー

「全職殺手」
2001年 香港
監督: 杜峯(ジョニー・トゥ)、 韋家輝(ワイ・カーファイ)
出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)
反町隆史
林熙蕾(ケリー・リン)
任達華(サイモン・ヤム)

<あらすじ>
黒社会に身を置く凄腕の殺し屋“O”。冷静にしてどこまでも非情な男。必要とあらばかつてのクラスメイトさえためらうことなく殺してしまう。そんな折り、同じアンダーグラウンドの世界で一人の新人の殺し屋が頭角を現わしてくる。男の名前はトク。殺しそのものに異常な執着を見せ、極端な上昇志向の持ち主。彼はほどなく自ら殺し屋の世界で頂点に君臨するという野望を抱くようになる。そして、“O”に対して激しい嫉妬と敵がい心を募らせていく。トクはさっそく“O”の家政婦チンに接近を図るのだったが…。(allcinema解説より)
はい(^^)4本目はこちら。

この映画でまたまたアンディのすごさを実感しました。反町隆史もがんばってたけど、やっぱりアンディの存在感には勝てないですねぇ。
いつもなら正統派な役を演じていたアンディが、今回はちょっと軽いノリで目立ちたがり屋なところが意外で良かったです。日本語を一生懸命、話してるんですが思いっきりカタコト。日本語を勉強したっていう設定には無理があったような。まあでも日本語を話すアンディが見れただけでも良かったかも。

そして今回、私がもっとも注目したのがサイモン・ヤムさん!渋いです~。刑事役がなかなか良かった。

内容といえば、アンディ扮するトクが反町隆史扮する“O”に挑戦状をたたきつけ二人でバトルするシーンまでは、なかなか見ごたえがあったんですが、サイモン・ヤム扮する刑事がトクを捕まえることができずに、刑事を辞め小説を書き始めるあたりから、あらら?という感じで、いきなりの展開についていけず。
真相が謎に包まれたままの、衝撃の?ラスト。
ストーリー展開がイマイチだったんですが、アンディのラストのシーンは良かったです。自信家で強気なトクが唯一の弱点により、最後まで頂点に登りつめるこができなかった。火花が散る中で堕ちていくトクのシーンは引き込まれました。

この映画は趣味で楽しんで作ったのかな?っていう気がしました。映画好きな殺し屋のトクが、いろんな映画の殺しのシーンを真似てみたり。
全体的の雰囲気がちょっと日本のVシネマみたいでした。

あと反町隆史の台詞がすごく聞き取りにくかったです。カツゼツが悪くて、ボソボソと話すので何を言っているのかわかりませんでした。唯一わかる日本語なはずなのに~。
スポンサーサイト

<< 「ワイルド・ブリット」 | ホーム | 「スター伝説」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。