プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベルベット・レイン」

ベルベット・レイン「江湖/BLOOD BROTHERS」
2004年 香港
監督: 黄精甫(ウォン・ジンポー)
製作総指揮: 劉徳華(アンディ・ラウ)
出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)
張學友(ジャッキー・チュン)
余文樂(ショーン・ユー)
陳冠希(エディソン・チャン)
林苑(リン・ユアン)
曾志偉(エリック・ツァン)
杜汶澤(チャップマン・トウ)
呉倩蓮(ウー・チェンリン)

<あらすじ>
黒社会を牛耳り尊敬も集めている大ボス、ホンに暗殺計画の噂が立ち上る。ホンの忠実な弟分で冷酷無慈悲なレフティは、暗殺を阻止せんと周囲に目を光らせる。そんな中、ホンの妻に息子が生まれる。守る者が出来たと決意を新たにするホンと、これを機に引退を勧めるレフティ。固い絆で結ばれた2人にも、いつしか微妙な確執が生まれていた。一方、一旗あげようと目論むチンピラのイックとターボは、ある暗殺計画の実行者を選ぶクジ引きに参加するため会場のディスコへ駆けつける。そして、みごと賭けに勝利したイックに暗殺用の武器が手渡される…。(allcinema解説より)
観に行ってきました~。「セブンソード」から立て続けにもう1本。今回の新作映画の中で一番楽しみにしていました~。例のごとく、なんの予備知識も入れず、いざ映画館へ。
以下、感想はネタバレありです。

ずばり正直に言います。私は今回、完全に内容は二の次で(←こらっ)ミーハー視点でこの映画を観に行きました。だって四大明星ををスクリーンで観られるなんてこんな幸せなことはない(*^^*)映画好きの方に怒られますね。すみません。

冒頭からもうただならぬ空気が漂ってました~。音楽といい周りの雰囲気といい、もう鳥肌もんです。いい~ですとても。
主役の4人が出ているのは知っていたんですが、チャップマン・トウとエリック・ツァンが出ていたのには驚きでした。それぞれキャラが生きてますね~。
そして今回はやっぱり注目すべきはショーン・ユーでしょう。彼の存在感がこの映画では抜き出ていましたね。「イニD」ではエディソン・チャンが目立っていただけあって、良かったねって言ってあげたいです~。

そしてなんといってもアンディと学友さん(あえてそう呼ぶ、その方が呼びやすいから^^)。私は若手の2人よりもこのベテランの2人にはまりました~。もう、もう言っちゃいます。

か~~~っこいい~~~~

アホ(^^)
で、肝心の内容のほうですが、私はまんまと騙されました~。そう思ったのは私だけ?
ストーリーの3分の2を過ぎるまでエディとショーンのエピソードとアンディと学友さんのエピソードは完全に別物だと思ってました。さらにはショーンのターゲットはアンディなんだろうか?なんて考えてました(^^;)
ところがエディの左手を潰されるシーンを見て、んん?もしかして??ええーっそうなのぉ~っと一人心の中で大騒ぎ。
私の中でエディは完全に「インファ~」でアンディの少年時代のイメージがついていたのでショーンとアンディの二人がつながらなかったんです。
でもこれってもしかして監督の狙い?それとも私がバカなだけ?とにかく私は完全にこの映画の内容を理解できていなかったのでした~。

で、結果。もう一度観に行きたい!
今週中にもう一度観に行く決意をしました。ちゃんとこの映画の内容を理解して観たいです~。んで2度目の感想を書きます。はい。

ひとつ気になったのが字幕の表示が右上の縦表示になっていたこと。あのスタイルは初めてだったんで読むたびに右上に意識を走らせてしまい、映画に入っていくのに時間がかかってしまいました。このときほど広東語が理解できたらなぁって思ったことはないです。


追記
2度目の鑑賞に行って来ました~。今度は冷静にこの映画が観れました。
この映画は香港の黒社会が舞台に描かれているけど、今までの黒社会の映画と比べると、組同士の抗争や銃撃戦など血なまぐさいシーンはほとんどなかったです。
全てにおいてとても芸術的で、ゆったりとした時間の流れの中でバックミュージックとスローモーションで映し出される映像がとても不思議な感じがしました。
カメラの使い方が面白いですね。エディが殴られるシーンで地面の下からのアングルで映し出されるところは臨場感がありました。
今回はエディソン・チャンとショーン・ユーの二人の活躍に目が行きました。
エディはいつもニヤケながら、ショーンの後をついて回っていても、実は友情に熱く彼を助けるために自分を犠牲にする。
そしてショーン・ユーの表向きはカッとなると手が付けられなくて、でも内にある感情は意外ともろくて、そういう複雑な部分をうまく演じていると思いました。あの何かを秘めたような目には引き込まれましたね。

そしてやっぱりアンディと学友さんにしびれました~。学友さんがバックミュージックと共に背後からのアングルで初登場するシーンは鳥肌が立ちました。
レストランでの二人の会話のシーンも、お互いの心の探り合いにとても緊迫した雰囲気が伝わってきましたね。
そしてラストでの雨の中のシーン。このシーンは本当に美しい。表現が難しいんですが、実際に観ればわかると思います(そりゃそうだ^^;)とにかくかっこいい。
ただ、このラストシーンがいまひとつ理解できないんです。1度目はまったくわかってなかったんで、2回観れば理解できるかなぁって思ったんですが、やっぱりわからなかった。DVDが出たらもう一度見てみたいです。

そう、この映画の挿入歌を歌っている女性はヨーヨー役の女の子だったんですね。外見のイメージと声が重ならなかったので驚きました。
あと、エンディングテーマ曲「兄弟」を歌うのがチャップマン・トウ、しかも作詞作曲がアンディ・ラウとは。これも驚きです。歌声がかっこよかったです。
スポンサーサイト

<< 「九龍帝王」 | ホーム | 「セブンソード」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。