プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「セブンソード」

セブンソード「七劍/SEVEN SWORDS」
2005年 香港/中国
監督: 徐克(ツイ・ハーク)
出演: 黎明(レオン・ライ)
甄子丹(ドニー・イェン) 
楊采(チャーリー・ヤン)
孫紅雷(スン・ホンレイ)
陸毅(ルー・イー)
キム・ソヨン
劉家良(ラウ・カーリョン)
張静初(チャン・チンチュー)
周群達(ダンカン・チョウ)
戴立吾(タイ・リーウー)

<あらすじ>
1660年、清王朝建国後の中国。満州人の清朝は漢族の明朝の滅亡を図り、“禁武令”を発して武術の覚えある者を次々と死罪に処していった。清朝の冷酷無比な圧政に、かつて明朝で処刑人を務めていた武術の達人・傳青主が立ち上がる。彼は青年剣士の韓志邦と女侠の武元英を伴い、伝説の刀匠・晴明大師が住むという神秘の山“天山”へと向かう。傳青主の救援の要請に応え、晴明大師は4人の偉大な弟子、楚昭南、楊曇、穆郎、辛龍子を特別な七つの剣とともに送り出す。こうして、4人の弟子に傅青主ら3人を加えた“七剣”が誕生、清軍に戦いを挑むのだった。(allcinema解説より)
観て来ました~。どうしようか迷ってたんですが、気がつけばもう最終日。行けるときに行っとかないと後で後悔しそうだったので、思い切って行ってきました。
武侠物といえば「天龍八部」を少しかじった程度なので知識はぜんぜんありません。なので感想もかなり個人的です。ネタバレもありかもなのでご注意を。

とにかくスケールの大きさがぜんぜん違いますね。音楽もすごくキャスティングも豪華で、私にとってもうそれが観れただけで満足って感じです。
アクションシーンはすごい迫力です。動きが早くて誰が誰だか(^^;)
ただ剣と剣がぶつかり合い響く音がさらに迫力を増していてゾクゾクしました。
特にドニー・イェン扮する楚昭南が持つ剣はすごかったです。剣の音でまわりの物が揺れるなんてどんなものなんでしょう。さらにあの狭い壁と壁の間で闘うシーンはかなりの迫力でしたね。

特に期待していたのがレオン・ライ。「インファナル・アフェア3」ではエリート警官がかなりはまり役でしたが、武侠物だとどんなの役どころになるのかなぁと。
決して期待は裏切ってなかったですね。わけありな過去を持つ侠客の一人で、物静かではあるけどとても優しく、存在感があって良かったです。アクションもなかなか。子供たちと接しているときはとても微笑ましくて優しいお兄さんを演じてました。

気になったのは悪役人達。中でも悪役のボス風火連城を演じたスン・ホンレイ。やってることは非道なんですが、その中にも妖しさがありかなり良かったです。
それと前半に登場した十二門将の紅一点、女兵士。すごい惨忍なのに妖艶で。彼女の存在がすごく気になり調べたら映画のパンフに載ってました。
お名前を瓜哥洛(チェン・ジャジャ)といい、北京体育学院の現役女子大生だそうです。しかもこの映画がデビュー作だとか。ベテランの俳優陣に混じってかなりの存在感を出していましたね。チャーリー・ヤンのスタントもやっていたそうです。

そして唯一、韓国女性のキム・ソヨン。うちの母の影響で少し韓国ドラマを見ていたので彼女の存在は知っていたんですが、意外にも良かったです。韓国から奴隷として捕らえられていた役だったから、普通に韓国語を話して演技をしていたのが良かったのかも。異国女性という感じがとても出ていました。

この映画の上映時間は中華圏映画ではめずらしく2時間半という長さ。それでもこの映画の内容を伝えるには短い時間のような気がしました。
。ストーリーの展開が早くて、七人のキャラ一人一人を知るのに余裕がなかったのが残念です。
それでも映像美やアクションの迫力はすごいので見どころはあると思います。こういうところは映画でしか味わえないんでしょうね。
話によると4時間のバージョンもあるらしいですね。私はそっちの方も観てみたいと思いました。
七本の剣と侠客のエピソードが加わればもっとこの映画の良さが伝わってくるんじゃないかと思います。
スポンサーサイト

<< 「ベルベット・レイン」 | ホーム | 「ファイト・バック・トゥ・スクール3 秘密指令は氷の微笑」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。