プロフィール

zoecchi

Author:zoecchi
アジア映画(主に香港映画)をこよなく愛する主婦です。
こちらでは映画レビュー中心にまったりと更新中。
詳しいプロフィールは『はじめに』からどうぞ。

CalendArchive

最近の記事

カテゴリー

アクセスカウンター

ウィン

永久的支持

レスリー・チャンを知るならここ


素敵なトニー・レオンのページ

お気に入りブログ

ブエノスアイレス

★関連商品★


ブエノスアイレス


ブエノスアイレス 摂氏零度


ブエノスアイレス サントラ

ブエノスアイレス飛行記

ブエノスアイレス飛行記
クリストファー・ドイルの撮影手記


杜可風春光乍洩撮影手記

ブエノスアイレスを知るならここ↓
B. A. Affair dedicated to Happy Together and Buenos Aires Zero Degree

Amazon商品リスト

おすすめ


日本発売のDVDを買うなら
amazonで!


海外のDVDを買うなら
yesasia.comで!

ぽすれん
ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インファナル・アフェア? 終極無間」

インファナル・アフェア III 終極無間

「無間道?」
2003年 香港
監督:劉偉強(アンドリュー・ラウ)、 麥兆輝(アラン・マック)
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)、 梁朝偉(トニー・レオン)
黎明(レオン・ライ)、 陳慧琳(ケリー・チャン)
黄秋生(アンソニー・ウォン)、 曾志偉(エリック・ツァン)
杜汶澤(チャップマン・トウ)、 陳道明(チェン・ダオミン)

<あらすじ>
潜入捜査官ヤンの殉職から10ヵ月後、ヤン殺害の疑いは晴れ、一時的に庶務課への異動したのち内務調査課へと戻ってきたラウ。警察官として生きる道を選んだ彼は、事件以来、自らの手で警察内部にいる残りの潜入マフィアを次々と始末してきた。一方で彼は、生まれたばかりの赤ん坊を連れて自分のもとを去ったマリーと離婚危機に陥っていた。そんなさなか、彼の前には新たに保安部のエリート警官ヨンが立ちはだかる。ラウは、ヨンに対し潜入マフィアではないかとの疑いを強め、彼の身辺を調べ始めるのだが…。(allcinema解説より)
すご~く心待ちにしてました。とにかくこれを見るのに先入観を植え付けたくなかったので、このDVDがレンタルされるまでは一切の情報を耳に入れずに見ました。

が…完全にやられた(^^;)ある意味、前もって情報を入れなさすぎたかも。
単純な私がバカなのか、この映画に、ラウに完全に騙されました。
そんなどんでん返しってある~と思わず絶句。見終わった後、何も考えられなかった。というか混乱してしまってなにがなんだか。頭を整理するのにかなりの時間を要してしまいました。
そしてしっかりと内容を理解するため、もう一度見ました。場面の展開の早さについていけず、何度も巻き戻して見てしまいました。2度目の観賞でだいぶ疑問が消化されました。でもまだまだわからない部分が膨大です。

というわけで、この映画の感想です。ほぼネタバレ状態でお送りするのでまだ見てない方は読まないでくださいね。

冒頭のシーン。トニー・レオン扮するヤンがキョンが来ていたマッサージの店で暴走しているところから始まる。
トニーさんが頭から出てるよ~。この映画はアンディ・ラウが中心だから、トニーさんがほとんど出てこないのかと思っていただけに嬉しいなぁと思っていたのもつかの間…め、目が~。はじめからかなりのインパクト。その後、キョンがベラベラしゃべっている横で針と糸で縫われちゃってるし。痛そ~。

そしてレオン・ライ扮するヨン警視がクラブのようなところで、店主に台湾人のマフィアらしき二人を殴れと脅しをかけている。これじゃあどう見てもヨンが悪者じゃあないか~。私はこのシーンでヨンは完全に悪役だと思ったよ(単純^^;)
このレオン・ライの無表情でクールな感じがいいですね。エリート警察官がよく似合う。

その後、警察署内でヨンの目の前で巡査部長のチャンが自殺する。チャンはサムがおくった潜入マフィアだった。それを見ていたラウがヨンに疑いを持ち始める。
ヨンを調べるため、ラウはヤンの事件から以前の捜査資料を探し出す。そこでヨンが本土の大物密輸商人シェンとつながりがあることを知る。そして捜査資料から過去の事件へとさかのぼる。

このあたりから、どこからがラウの想像(妄想)でどこまでが現実なのかあいまいな感じになっている。
ラウはヨンに関しての情報を得るため保安課に監視カメラを仕掛けたり、ヤンのカウンセリングの内容を知るためにカウンセラーのケリー・チャン扮するリー医師のパソコンを盗んだりと、かなりストーカーまがいな行動に出ている。何かに取り付かれたように一心不乱に。見ていて痛々しくなるほど。

ここでのヤンとリー医師のやりとりは、ラウがカウンセリングの診断書から想像したラウの妄想だったんだろうか。それにしてもヤンが明るい。ずっとニコニコしていてもうこの笑顔がたまりません。あ、じゃなくて(^^;)
リー医師とのラブシーンも?これはかなり濃厚でした。ラウにとってのヤンのイメージはこんな感じということなのかな。

そして、ヨン警視を探るうちにサムやシェン、ヤンの背景が浮かび上がってくる。
サムとヨンがつながっている証拠を見つけるためにラウはヨン警視の部屋に忍び込み証拠となるテープを持ち出すのですが、この後の展開がはじめは理解できなかった。
ようするにラウがヨンの部屋に忍び込んでいる間に、ヨンもまたラウの部屋に忍び込みテープを盗み出した、という理論が一番、納得がいくような気がする。
自分の部屋に戻ってきたラウは自分の金庫から、自分がサムと関わってた内容の入ったテープのうちの1本が盗み出されていることに気づき、証拠を持っていかれ絶体絶命のピンチから逃れるために、気がふれたかのような芝居をする。
でもヨンの最後の一言が、ラウにとっては重要な言葉だった 「あいにく、オレは警官だ」 ヤンの言ったこと同じ台詞。彼にとってこの言葉はどれほど重かったんだろう。

ラウが言った 「なりたい」 というひとこと。この言葉の意味はこの「インファ~3」を見るまでは、まったく理解していなかったことに気づきました。
いったい、いつからラウの人生の歯車が狂いはじめたのか。やっぱりマリーとの出会いから?サムの女マリーを愛したこと、マリーの指示によって香港マフィアの大ボス、ンガイ・クワンを殺したことからもうすでに無間地獄がはじまっていたのかもしれない。
ヤンのように潜入捜査官でありながら最後まで正義を貫き通したことが、彼にとってはうらやましかったんだろう。途中、鏡に映るラウの顔がヤンになったときはゾクっときてしまいました。
もうこれは愛ですね、しかもラウの完全な片思い(←って言っちゃだめ?)ヤンは彼のそんな想いは知るよしもなく。かわいそうなラウ~。

けっきょく私ははじめから終わりまで、どっぷりラウに感情移入し、2回目を見終わった今でも、ラウのことが憎めず、彼のつらさがひしひしと伝わってきて完全にはまってしまった私でした~。
無間地獄に陥ってしまったラウだったけど、ラストにオーディオを売っているお店でヤンと初めて顔合わせをするシーンで終わるところに、かなり救われました。
スポンサーサイト

<< 「ゴージャス」 | ホーム | 「頭文字[イニシャル]D THE MOVIE」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。